「全線開通」した三陸鉄道、半年後のいま ラグビーW杯でにぎわうも道路延伸が脅威に

「全線開通」した三陸鉄道、半年後のいま ラグビーW杯でにぎわうも道路延伸が脅威に

鵜住居駅に入線する三陸鉄道の南行き。ほぼ満席となっている(2019年8月、河嶌太郎撮影)。

東日本大震災で甚大な被害が出た三陸鉄道。北リアス線と南リアス線が少しずつ運行を再開し、JR山田線の宮古〜釜石間も三陸鉄道に移管され運行が始まりました。それから半年。現地はどうなっているでしょうか。

南北に分断されていた三陸鉄道

 東日本大震災から8年。多くの鉄道路線に被害が出ましたが、なかでもいち早く運行を再開し、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)の舞台にもなった路線があります。岩手県の太平洋沿いを走る結ぶ三陸鉄道です。そんな三陸鉄道が、2019年3月に“全線開通”を果たしました。

 もともと三陸鉄道は、宮古駅(岩手県宮古市)から久慈駅(同・久慈市)までの71kmを結ぶ「北リアス線」と、盛駅(同・大船渡市)から釜石駅(同・釜石市)までの36.6kmを結ぶ「南リアス線」に分かれていました。そのあいだの宮古〜釜石間も線路がつながっていましたが、山田線というJR東日本の路線でした。

 そこに2011(平成23)年3月11日、東日本大震災が発生します。太平洋沿岸の路線を中心に甚大な被害が出たなか、三陸鉄道は震災わずか5日後の3月16日に陸中野田〜久慈間で運行を再開します。さらに4日後の20日には宮古〜田老間が、29日には田老〜岩泉小本間が再開するという早さでした。これらの区間はいずれも被害が比較的少ない北リアス線内です。1896(明治29)年の明治三陸地震による大津波を踏まえ、ルートの多くを高台やトンネルにしていたことが功を奏しました。

 南リアス線の方は被害が大きく、2013(平成25)年4月に盛〜吉浜間が運転再開するまで2年の歳月を要しました。最終的に三陸鉄道が全線復旧したのは、震災から3年後の2014(平成26)年4月です。同月5日に南リアス線の吉浜〜釜石間が復旧し、続く6日に、北リアス線で被害が一番大きかった小本〜田野畑間の運転が再開しました。

三陸鉄道はいま… 「全線開通」したリアス線に乗る

 北リアス線と南リアス線が比較的順調に復旧した一方で、そのあいだのJR山田線の不通は続きました。同線の内陸部の盛岡〜宮古間は2011年3月26日に復旧したものの、残る宮古〜釜石間は、震災から3年が経過しても、復旧の見通しが立たなかったのです。当初、宮古〜釜石間は、BRT(バス高速輸送システム)による復旧が検討されましたが、沿線自治体の反対にあっていました。

 最終的には2014年1月、JR東日本から三陸鉄道に移管する形で復旧の見通しが立つことになりました。そしてそれから5年後の2019年3月23日、残っていた宮古〜釜石間の運行が再開されました。これを機に三陸鉄道の路線名から「南」「北」が外れ、「リアス線」1線のみの鉄道会社として生まれ変わったのです。震災から8年、三陸鉄道の南北一体化は地元の悲願でもありました。

「リアス線」開通から半年、現地はどうなっているのでしょうか。2019年8月に筆者(河嶌太郎:ジャーナリスト)が訪れると、夏休み期間というのもあってか、かなりの盛況でした。盛岡駅(岩手県盛岡市)から山田線に乗り、宮古駅に降り立つと、駅舎に“変化”がありました。筆者は2016(平成28)年8月にも宮古駅を訪れているのですが、当時JR東日本の所管だった宮古駅の駅舎が、三陸鉄道と共用になっていたのです。かつての三陸鉄道の駅舎は、本社ビルのみの機能になっていました。

車窓には防潮堤と三陸道

 ホームに停車している列車に入ると、発車10分前の時点で座席が満席に近いほどのにぎわいでした。列車は2両編成の盛行きです。運行は、三陸鉄道の本社がある宮古駅を起点に南北に分かれています。

 列車が南に走り出すと、リアス式海岸の山あいを進みます。しかし、旧南北リアス線区間と比べてしまうとカーブが多く、トンネルは少ない印象です。市街地に入ると、直線的に高架を走る旧リアス線とは対照的に、列車は平地に下りていきます。路線は、旧山田線をほとんど踏襲しているのです。

 再び大津波が押し寄せた際、また同じような被害に遭うのではないか……そう思いリアス式の湾口に目をやると、高さ15mはありそうな防潮堤がそびえ立っています。「今度」はこの防潮堤が防いでくれるので、被害が抑えられるという判断なのかもしれません。

 車内は地元の通学客に加え、新たに開通した宮古〜釜石間の乗車券を記念撮影する人など、観光客が多く乗っていました。しかし、そのほか地元の大人はほとんどいないような感じでした。山側を見上げると、それは無理もないと納得がいきます。ほぼ全線にわたって無料の三陸道が並走しており、40km/h前後で進む列車を横目に、高台の上ではクルマが追い抜いていくのです。

 三陸道は「復興道路」とも呼ばれ、震災復興の象徴と言えます。宮古から南は気仙沼市内を除く全線が開通しており、クルマで1時間弱を要していた宮古〜釜石間は、約30分に短縮されました。三陸鉄道は同じ区間を1時間25分かけて走ります。旅情に浸るのであれば三陸鉄道に軍配があがるでしょうが、日常の移動の手段としては復旧前より一層厳しい立場に立たされています。

開通効果は3倍も、復興道路との共栄が課題か

 しかし“全線開通”の効果は好調のようです。後の2019年4月の輸送人員は、2018年4月と比べ2.6倍に増えて9万4773人。収入は3倍になり、6970万円の開業効果があったと三陸鉄道が発表しています。開通直後の1か月間だけで判断するのは早計ですが、この好調ぶりをどう維持できるか、早さの復興道路とどう共存共栄していけるかが恐らく今後の課題となるでしょう。

 やがて釜石市の鵜住居駅に近づいてくると、海側に大きな建物が見えます。「釜石鵜住居復興スタジアム」です。筆者が訪れた8月の時点でも、この駅から多くの人が乗り込んできました。現在国内で開かれているラグビーワールドカップの試合会場のひとつにもなっており、釜石は大盛り上がりです。三陸鉄道も一緒に応援しています。試合などがある日は、スタジアムの駐車場が一般開放されないことが多いため、観客は三陸鉄道をはじめとする公共交通機関での移動が推奨されています。

 ラグビーで「釜石鵜住居復興スタジアム」の知名度が高まり、多くの試合が開かれるようになれば三陸鉄道の利用者も一層増えていくことでしょう。そして三陸鉄道の認知度が高まることで、観光目的での列車の利用向上にもつながればと思います。

関連記事(外部サイト)