京成の新型3100形や『ラブライブ!』の伊豆箱根鉄道など トミーテックが新製品発表

京成の新型3100形や『ラブライブ!』の伊豆箱根鉄道など トミーテックが新製品発表

京成電鉄の新型3100形電車(2019年10月10日、恵 知仁撮影)。

模型メーカーのトミーテックが新製品を発表。「鉄道コレクション」から京成3100形電車や『ラブライブ!』ラッピングの伊豆箱根鉄道7000系電車をはじめ、バス車両や「ブルーバード」などのミニカーを順次発売します。

「鉄コレ」から新京成電鉄80000形なども

 模型メーカーのトミーテックは2019年10月10日(木)、鉄道模型やミニカーなどの新製品を、2020年2月から順次販売すると発表しました。

「鉄道コレクション」からは、おもに次の商品が登場します(カッコ内は税抜予価)。

京成電鉄3100形「成田スカイアクセス」基本4両セット(6000円)/増結4両セット(5600円)

 3100形電車は2019年7月に完成し、9月現在、営業運転に向けて試運転をしています。車体は、成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジを基調としたデザインに、空港アクセスのシンボルである飛行機や沿線各所のイメージイラストが描かれています。

新京成電鉄80000形6両セット(9000円)

 80000形電車は、2014(平成26)年より採用されたジェントルピンクのコーポレートカラーが、腰部と上部に配色されています。

大阪市交通局 地下鉄御堂筋線 30系ステンレス車 EXPO'70 基本4両セット(6400円)/増結4両セット(6000円)

 1970(昭和45)年、大阪で「日本万国博覧会」が開催。50周年特別企画として、万博輸送を担った大阪市交通局30系電車のステンレス車とアルミ車が製品化されます。

大阪市交通局 地下鉄御堂筋線 30系アルミ車 EXPO'70 基本4両セット(6400円)/増結4両セット(6000円)

 ステンレス車は3001編成が、アルミ車は3008編成がモデル。車体、窓ガラス、屋根などの主要部品が新規金型で再現されます。方向幕は「(ロゴ)万国博」が印刷され、基本セットと増結セットを組み合わせることで、実際の8両編成が再現可能です。

伊豆箱根鉄道7000系は『ラブライブ!』ラッピングで

「鉄道コレクション」からは以下の商品も登場します。

鉄道コレクション 伊豆箱根鉄道7000系(7502編成)ラブライブ!サンシャイン!!「Over the Rainbow号」ラッピング電車3両セット(6000円)

 伊豆箱根鉄道7000系電車は、1991(平成3)年3月にデビューしたオールステンレス製の車両。運転席の前面窓は、従来の車両より約3割大きくした全面1枚の曲面ガラスが採用されています。座席は全てバケットタイプのクロスシートで、一部の固定席を除き前後転換式です。

 製品化される車両は7502編成。3両編成の両側面には、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の「Aqours」のメンバー9人が描かれています。

ナローゲージ80 猫屋線直通用路面電車+客車セット(5600円)

 フリーデザイン「富井電鉄」シリーズの「猫屋線」「港線」は、実物が762mm軌間の非電化ナローゲージという想定で、それを1/80スケールにしたモデル。客車セットは、路面電車・客車ともピンク系とクリーム系のツートンカラーです。

ナローゲージ80 猫屋線直通用路面電車+貨車セット(5000円)

 貨車セットは、路面電車がグリーン系とイエロー系のツートンカラー、貨車は猫屋線第6弾2軸貨車シリーズと同色です。

気仙沼線のBRTは最新型のハイブリッド車で

「ザ・バスコレクション」からは次の商品が登場します。

JR東日本気仙沼線BRT(3000円)

 東日本大震災で被害が出たJR気仙沼線は仮復旧を経て、2012(平成24)年12月22日から柳津〜気仙沼間をBRTで運行しています。2019年9月中旬に運行開始した、最新型の日野ブルーリボンハイブリッド車が製品化されます。

ジェイアールバステック15周年2台セット(2400円)

 2020年3月に運行開始15周年を迎える、ジェイアールバステックの東名ハイウェイバス。製品は、東京駅と名古屋を結んだ「いすゞガーラ」と、後継車として各路線を走る「日野セレガ」が製品化されます。

松戸新京成バス創立15周年記念 松戸市の花つつじデザインバス(1400円)

 新京成グループの松戸新京成バスは、2018年10月1日に創立15周年を迎え、同年12月より2台の特別塗装車を運行。1台は1972(昭和47)年に制定された松戸市の花(街の花)である「つつじ」を現行カラーと掛け合わせたデザインです。

松戸新京成バス創立15周年記念 新京成電車デザインバス(1400円)

 もう1台は新京成電鉄のジェントルピンクをイメージしたデザインです。

千葉交通うなりくんラッピングバス(1800円)

「うなりくん」は、2009(平成21)年に誕生した千葉県成田市の観光キャラクターです。千葉交通は「うなりくん」生誕10周年を記念し、「うなりくん」ラッピングバスを運行。製品は、このラッピングバスを再現しています。

国際十王交通/京都バス(各1200円)

 国際十王交通は、埼玉県熊谷市の東武グループのバス事業者。ラグビーワールドカップ埼玉・熊谷開催の輸送に対応した、大型車の路線車を複数台導入しています。日野ブルーリボンノンステップ(型式:2KG-KV290N2)が製品化されます。

 京都バスは、京都府京都市の京阪グループのバス事業者。近年は、新型の日野ブルーリボンハイブリッドを多数導入しています。車内シートモケットが、茶色系オリジナルデザインです。日野ブルーリボンノンステップハイブリッド(型式:2SG-HL2ANBP)が製品化されます。

「ランサー」「ブルーバード」トミカ登場

 64分の1スケールのミニカー「TOMICA LIMITED VINTAGE NEO(トミカ リミテッドビンテージネオ)」からは、次の商品が登場します。

日産アトラスF24花見台自動車セフテーローダ(青)(4800円)

 架装メーカーの花見台自動車が所有する車両のうち、ブルーメタリックにリニューアルされた実車がナンバープレートを含めて再現。荷台は可動式です。

トヨタ コースター(都営ミニバス)(6000円)

 都営ミニバスは1974(昭和49)年2月から、東京駅北口〜新橋駅間の運行が開始。採用車種は全車コースターでした。1980(昭和55)年に車両が後期型ベースに代替され、1983(昭和58)年まで運用されました。製品は、黄色のボディで識別された後期型が再現されます。

三菱ランサーRSエボリューションIV/V(白)(各2400円)

 競技用として設定されたRSが製品化。RSは防音材などを排除し、軽量化やクイックなギア比のステアリングの採用など、競技用に特化した仕様です。ボディ色も白のみの設定。標準状態は交換を前提としたスチールホイールを履くなど、飾りを排除しています。

フェラーリ テスタロッサ(黒)/フェラーリ512TR(黒)(各5800円)

 1984(昭和59)年に生産開始されたテスタロッサは、サイドのフィン、リアのルーバーが特徴的。1987(昭和62)年頃にマイナーチェンジを受け、センターロック式だったホイールが5穴に変更、サイドミラーも低くなりました。製品は、後期型が再現されます。

 1992(平成4)年に生産開始された、テスタロッサの進化型である512TR。テスタロッサとよく似たルックスですが、フレーム構造の変化、エンジンのパワーアップ、タイヤサイズ変更など、実質的にフルモデルチェンジといえる大幅な改良を受けています。

ブルーバードSSS-R(カルソニック♯2/♯10)(各3800円)

 ノーマル車と大幅に異なる室内やストーンガードなど、初期型SSS-Rが再現され、チーム・カルソニック仕様の2種類が製品化されます。カラーリングは、カルソニックを象徴するブルーです。

セドリック グランツーリスモ アルティマ タイプX(銀)/グロリア グランツーリスモ アルティマ タイプX(白)(各2500円)

 Y32型の後期型で設定された、最高性能グレード「グランツーリスモ アルティマ タイプX」が製品化。外観上はメッシュのホイール、リアスポイラー、ヘッドライト周辺の塗装などで識別できます。

プレリュード XX ホワイトラグジュアリー(白)/プレリュード 2.0Si(赤)(各2500円)

 特別仕様車ホワイトラグジュアリーと最上級車2.0Siの新色は、1986(昭和61)年に発売。ホワイトラグジュアリーはXXをベースにバンパーなどが白に統一、アルミホイールなどを装着した仕様です。SiはDOHCエンジンを収めるために盛り上がったボンネット、専用のバンパーやグリル形状などが特徴です。

マツダ ポーターキャブ 一方開(緑)/(白)(各2700円)

 360cc時代のポーターキャブが製品化。一方開き車が再現され、水冷エンジンに変更になった1973(昭和48)年式と、現在と同じ黄色いナンバープレートとなった1976(昭和51)年式です。ボディ色やナンバープレートのほか、ホイールなどが差別化されています。

関連記事(外部サイト)