首都圏〜北陸の大動脈だった北越急行、北陸新幹線不通受け湯沢・直江津臨時延長運転

首都圏〜北陸の大動脈だった北越急行、北陸新幹線不通受け湯沢・直江津臨時延長運転

越後湯沢駅に停車中の北越急行HK100形電車(2015年11月、恵 知仁撮影)。

2015年の北陸新幹線金沢開業まで、特急「はくたか」が行き交う大動脈でした。

 北越急行が2019年10月15日(火)、北陸新幹線の一部不通にともない、臨時延長運転を実施すると発表しました。

 六日町駅が始発・終着駅の対象列車を、上越新幹線と接続する越後湯沢駅を始発・終着駅にする、また犀潟駅が始発・終着駅の対象列車を、えちごトキめき鉄道線に接続する直江津駅を始発・終着駅にするというもの。えちごトキめき鉄道線では、北陸新幹線の上越妙高駅や糸魚川駅などへ行くことができます。

 臨時運転が決定しているのは10月16日(水)から20日(日)までで、21日(月)以降については未定だそうです。

 北陸新幹線は台風19号の被害により、長野〜上越妙高間で運転を見合わせています。

関連記事(外部サイト)