令和元年「奈良」への関心なぜ高い? ここは日本のはじまり 「タピオカ新幹線」も入線

令和元年「奈良」への関心なぜ高い? ここは日本のはじまり 「タピオカ新幹線」も入線

596年に創建された飛鳥寺(2019年10月、大藤碩哉撮影)。

JR東海が展開している奈良の観光キャンペーン「うまし うるわし 奈良」。プレスツアーでは、令和の時代を迎え関心が高まる元号や日本の原点などにまつわる地を巡りました。食では、タピオカドリンクと新幹線がコラボしています。

ふたつのはじまり「飛鳥」と「橿原」

 JR東海が「奈良を再発見する」をコンセプトに、観光キャンペーン「うまし うるわし 奈良」を展開しています。2019年10月に開催された2日間のプレスツアー「令和のはじめての秋、ふたつの『日本のはじまり』を巡る旅」に参加しました。

 ツアータイトルの「ふたつの『日本のはじまり』」とは、日本最初の元号「大化」が生まれた「飛鳥」の地と、日本の原点である「橿原」を指すとのこと。時代の節目でもある令和元年のいま、これらの地域への関心は高いといいます。

 明日香村にある飛鳥寺は596年に創建されました。この寺の本尊である飛鳥大仏は609年に造られたもので、現存する大仏のなかでは日本最古といい、顔など一部は当時のままといわれています。大仏の脇には、16歳の聖徳太子が父の病気快復を祈願する姿の聖徳太子孝養像があります。

橿原神宮の勅使館が期間限定で公開

 橿原神宮は、初代天皇とされる神武天皇を祀るために1890(明治23)年に創建されました。境内には、天皇陛下の御代理である勅使が参籠や潔斎する勅使館(拝観料500円)があります。通常は非公開ですが、期間限定で12月8日(日)まで公開されています(一部の日を除く)。

 なお期間中、京都駅または新大阪駅着の「エクスプレス予約」か「スマートEX」の利用票などを勅使館の受付に提示すると、橿原神宮の鳥居の古材を使用したお守り「開運招福・健康延寿鳥居古材木札」が授与されます。また、御朱印所に提示すると、橿原神宮の内拝殿を描いたクリアファイルが贈呈されます。

 明日香村にある奈良県立万葉文化館は、『万葉集』などの古典文化を学べる施設です。映像や等身大の人形を用いて、当時の詠歌の様子などが再現されています。万葉集や歌人、漢字の読みに関するタッチパネル式のクイズ展示もあります。

 文化館の敷地からは、日本最古の銭貨とされる「富本銭」が出土しました。特別展示室では、ほかの出土品とあわせて復原展示されています。文化館の企画普及課長である上島庸子さんは「私は古典が苦手でしたが、万葉文化館はそんな方も万葉の世界が理解できるよう、見て触れて聞いて楽しめる作りにしています」と話しました。

「タピオカ新幹線」カウンターに入線

 今井町は橿原市のほぼ中央、近鉄橿原線とJR桜井線が交差する南西側にあります。東西約600m、南北約310mの地域は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、8割の建物が江戸時代の様式を残しています。江戸幕府から自治権を与えられ、独自紙幣「今井札」が発行されるほど繁栄したといいます。現代でも、新たに居を構える場合は軒先を揃えるなど、景観に合わせることが求められます。

 そんな今井町に、「タピオカ新幹線」を期間限定で提供するカフェがあります。「うのまち珈琲店」では11月30日(土)まで、東海道新幹線を走るN700系(N700A)電車と、線路などを検査する923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」をイメージしたタピオカドリンクが注文可能。「スマートEX」のアプリ「EXアプリ」をスマートフォンにインストールしていることが条件です。

 N700Aは、ミルク・ホイップをベースにした白とバタフライピーの鮮やかな青で車体の色を再現し、ヘーゼルナッツ味で甘く仕上げています。「ドクターイエロー」はスムージーの黄とバタフライピーを組み合わせて、ゴールデンパインのさわやかな味わいを楽しめます。代表の小田 墾さんは「SNSで『タピオカ新幹線』を提供していることを知り来店する方はたくさんいます。注文時に急いで『EXアプリ』をインストールする方もいるほどです」と話しました。

奈良も「JR東海の沿線」

 水が良質な今井町は、かつて数軒の酒蔵がありました。国の重要文化財に指定された母屋を持つ河合酒造は、現在も残る唯一の酒蔵です。長年使われた酒造道具を見学できます。奈良県は清酒発祥の地といわれ、展示室にはその醸造工程を模したミニチュアがあります。代表銘柄は「出世男」です。

 今井町の西に位置する「今西家住宅」は、戦国時代に裁判所の役割を担っていました。1階にあるお白州の場などを見学できます。天井にある3本の梁のうち、創建当時の2本は1995(平成7)年の阪神・淡路大震災にも無傷で耐えたといいます。

 桜井市にある安倍文殊院は645(大化元)年に創建された寺院。本堂には快慶の作品で国宝の「渡海文殊(とかいもんじゅ)」が置かれています。文殊菩薩像は獅子に乗った姿。知恵の仏であるため、気性の荒い獅子をもて手なずけたといわれています。

 JR東海は「うまし うるわし 奈良」について、「奈良県にはJR東海の線路はありませんが、京都駅や大阪駅などを通る東海道新幹線から1回乗り換えるだけで来られる奈良県は、沿線ととらえています。古都の魅力を東京圏や静岡県の方にも発信できれば」としています。

関連記事(外部サイト)