JR東海 新型ハイブリッド特急車両は「HC85系」 次期「ひだ・南紀」用 キハ85系の後継

JR東海 新型ハイブリッド特急車両は「HC85系」 次期「ひだ・南紀」用 キハ85系の後継

シンボルマークを配置したHC85系(画像:JR東海)。

12月に試験走行車が完成します。

 JR東海は2019年10月28日(月)、開発を進めているハイブリッド方式の次期特急車両について、名称とシンボルマークを発表しました。

 名称は「HC85系」です。「HC」は、エンジンで発電した電力と蓄電池の電力を組み合わせて、モーターを回して走る「Hybrid Car」を表します。

 シンボルマークは、車両の特徴を色と形で表現しています。特急「ひだ」「南紀」が走る飛騨・南紀の沿線の紅葉と海を赤と青の2色でイメージし、グラデーションにすることでハイブリッド方式を表します。車両の外観の帯に合わせた3本の流線形状がスピード感を表現します。マークは先頭車両の両側面に1か所ずつ、1編成あたり4か所に配置されます。

 HC85系は、特急「ひだ」「南紀」に使われているキハ85系ディーゼルカーの置き換えに向けて、2019年12月に試験走行車が完成します。その後、1年間をめどに基本性能試験や長期耐久試験などを行い、試験結果を踏まえて、2022年度を目標に量産車が投入される計画です。安全性・快適性の向上や環境負荷の低減などを図りつつ、ハイブリッド方式の鉄道車両として国内で初めて最高速度120km/hの営業運転を目指しています。

関連記事(外部サイト)