電動アシスト自転車「PAS」に新走行モード 自動でパワーと距離を両立 ヤマハ発動機

電動アシスト自転車「PAS」に新走行モード 自動でパワーと距離を両立 ヤマハ発動機

「PAS With DX」のコーラルレッド(画像:ヤマハ発動機)。

ヤマハ発動機が、電動アシスト自転車「PAS」シリーズの最新モデルを発表。新開発のアシスト制御を搭載しているほか、自動でパワーと距離の両立を図る新モード「スマートパワーモード」が登場しました。

11月から順次発売

 ヤマハ発動機は2019年10月29日(火)、電動アシスト自転車「PAS」シリーズの2020年最新モデルを発表しました。

 デザインと実用性を兼ね備えたスタンダードモデル「PAS With(パス ウィズ)」と、「PAS With DX(――デラックス)」「PAS With SP(――スーパー)」の2020年モデルはは、2019年11月29日(金)から順次発売されます。

 幼児2人同乗基準に適合した20型小径タイプの「PAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)」「PAS Kiss mini un SP(――スーパー)」「PAS Babby un(パス バビー アン)」「PAS Babby un SP(――スーパー)」は、2020年1月20日(月)から順次発売されます。

 これら最新の2020年モデルは、新開発のアシスト制御を搭載し、乗り心地(アシストフィーリング)や利便性が向上。たとえば坂道で低中速ギア(1・2速)に切り替えたときにペダルをこぐスピードが速くなっても、空回り感なく伸びやかなアシストを得られるといいます。

新モード「スマートパワーモード」が登場

 アシストモードは、常にパワフルアシストの「強モード」と、節電し走行距離を伸ばす「オートエコモードプラス」に加え、新しい走行モード「スマートパワーモード」が登場。負荷の高い坂道などでは「強モード」レベルのアシストパワーを全自動で発揮し、負荷の少ない平坦路や下り坂などではパワーをセーブします。走行中の切り替え操作は不要で、状況に合わせて常に自動で最適なパワー制御が行われます。

「走行モードメモリー機能」を搭載しており、前回の電源オフ時に選択していたアシストモードを記憶し、次回使用時に同じモードで起動します。走り出すときにモード設定を毎回する手間が省けます。

「PAS With」「PAS With DX」「PAS With SP」はヤマハ独自のワイヤー内蔵型フレームに水転写グラフィックを採用。ファッション性だけでなく、乗り降りの際のまたぎやすさや車体の軽さにも配慮した設計です。スタンドをかけると同時にハンドルロックが掛かるスタンド連動式ハンドルストッパーも搭載しています。

「PAS With」はカラー7色でメーカー希望小売価格が各12万2100円(税込。以下同じ)、「PAS With DX」はカラー6色で各12万7600円、「PAS With SP」はカラー4色で各15万5100円です。リチウムイオンバッテリーの容量と充電時間は、「PAS With」「PAS With DX」が12.3Ahで約3.5時間、「PAS With SP」が15.4Ahで約4時間です。

ファミリー向けモデルの価格と電池容量

「PAS Kiss mini un」「PAS Kiss mini un SP」「PAS Babby un」「PAS Babby un SP」も、ワイヤー内蔵型の軽量アルミフレームを採用。手を添えやすい形状のガードが付いたサドルや軽い力で操作できる「らくらく幅広かるっこスタンド」を装備しており、駐輪場での取り回しやスタンドがけがしやすい設計です。スタンドをかけると同時にハンドルロックが掛かるスタンド連動式ハンドルストッパーも搭載しています。

「PAS Kiss mini un」はカラー2色でメーカー希望小売価格が各15万6200円(税込。以下同じ)、「PAS Kiss mini un SP」はカラー6色で各16万600円、「PAS Babby un」はカラー2色で13万9700円(リヤチャイルドシート標準装備モデルは15万1800円)、「PAS Babby un SP」(リヤチャイルドシート標準装備モデル)は15万6200円です。

 リチウムイオンバッテリーの容量と充電時間は、「PAS Kiss mini un」「PAS Babby un」が12.3Ahで約3.5時間、「PAS Kiss mini un SP」「PAS Babby un SP」が15.4Ahで約4時間です。

関連記事(外部サイト)