ANA、新内装「ボーイング777-300ER」を成田・羽田〜ニューヨーク線に投入 11月8日から

ANA、新内装「ボーイング777-300ER」を成田・羽田〜ニューヨーク線に投入 11月8日から

報道陣に披露された新内装搭載のボーイング777-300ER型機(2019年7月、伊藤真悟撮影)

ANAが新内装の長距離国際線用ボーイング777-300ER型機を、成田・羽田〜ニューヨーク線に投入します。212席仕様で、10年ぶりに刷新された個室型ファーストクラス、ビジネスクラスが”ウリ”です。

初便は羽田発ニューヨーク行きのNH110便

 ANA(全日空)が新内装を搭載した長距離国際線用ボーイング777-300ER型機を、2019年11月8日(金)から羽田、成田〜ニューヨーク線に投入すると、10月30日(水)に発表しました。

 投入初便を予定しているのは、羽田8日午前10時20分発、ニューヨーク行きのNH110便です。なおニューヨーク発の初便は、8日(現地時間)午前11時45分ニューヨーク発、成田行のNH9便を予定しています。

 新仕様のボーイング777-300ER型機は、2019年8月から羽田〜ロンドン線の一部で投入開始されているもの。212席仕様で、内装も新デザインです。ファーストクラス「The Suite(ザ・スイート)」とビジネスクラス「The Room(ザ・ルーム)」は、個室型のシートで、ANAが約10年ぶりに新導入したもの。これらの監修は、建築家の隈研吾さんとイギリスのデザイン会社Acumenが行っています。

 ANAは、このたびのニューヨーク線に続き、2020年の冬ダイヤ期間中に、羽田〜フランクフルト線にも、同仕様のボーイング777-300ER型機を投入する予定です。なお、対象便は同路線の一部で、公式サイトや予約センターから確認ができるとしています。

関連記事(外部サイト)