ジェットスター新機種「エアバスA321LR」の姿が明らかに! 新シート導入 2020年就航へ

ジェットスター新機種「エアバスA321LR」の姿が明らかに! 新シート導入 2020年就航へ

披露されたエアバスA321LR型機の模型(2019年11月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

ジェットスター・ジャパンが導入予定の新機種「エアバスA321LR型機」。現在運航中のA320型機の兄弟機種で見た目も似ていますが、機外も機内も大幅に刷新されます。同社社長が、その仕様を明かしました。

見た目も似ている、パイロット免許も共通…違いは?

 LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンは2019年11月1日(金)、導入予定の新機種「エアバスA321neo-LR型機」(以下、A321LR型機)の仕様の一部を明らかにしました。

 現在同社は、180席仕様のエアバスA320型機を24機保有しています。2020年8月ごろをめどに3機導入予定のA321LR型機は、A320型機の長胴型にあたり、ボディがおよそ7m伸びた分だけ多くの人を運べるようになります。

 A320型機との違いは、胴体の長さだけではありません。「Long Range(長距離型)」という意味の「LR」が名前に付いているとおり、A320型の航続距離は約3000kmですが、ジェットスター・ジャパン仕様のA321LR型は、これより2500km延び約5500kmで、日本からだと、シンガポールやベトナムなど、東南アジアの多数の都市にフライト可能です。

 加えて、これまで運航されているA320ファミリー(派生型)の機種のため、操縦資格も同じ。このことから、本来、機種によって一部の免許を都度取り直す必要があるパイロットも、トレーニングは要するものの、現在の免許のまま操縦できるそうです。また、飛行機のパーツも共通のものが多く、整備コストも削減できます。

 しかし、このたび導入の「ジェットスター・ジャパン仕様」のA321LR型機は、機内も機外も、いままでのものとは大きく異なります。

新機種の仕様を社長が明かす!

 ジェットスター・ジャパン仕様のA321LR型機は、従来のA320型機と、エンジンが異なります。従来のIAE社の「V2527-A5」エンジンから、CFM社の「LEAP-1A32」エンジンに変更。このことで、整備コストはかかるものの、静粛性も上がるほか、燃費効率が従来より15%向上するといいます。また、機体の塗装材料も変更することで、重量を減らしたとのことです。

 また、A321LR型機の座席は、レカロ社(ドイツ)製の新シートを導入する計画です。シートの横幅は、現在より2cm狭くなるものの、全席にUSBポートが設置され、離着陸を除いた巡航中、スマートフォンなどモバイル端末を充電しながらの利用が可能です。座席の上部と下部にはポケットが設置されており、下部ポケットはネットタイプでペットボトルも収納できます。

 席数は、エコノミークラスのみで238席。なお、現時点では確定ではないものの、無線を使った機内エンターテインメントの導入を検討しているといいます。

「このA321LR型機は、これから鍵となる機材だと思っています。いままでLCCではなかったような快適性をお客様へ提供していきたいと考えています。『日本の空をより身近に』というジェットスター・ジャパンのビジョンが実現可能となるような飛行機です」(ジェットスター・ジャパン 片岡 優社長)

 同社のA321LR型機は、多くの人が利用する国内幹線のほか、その航続距離を生かし、2020年中に発表予定という東南アジアの新規リゾート路線などといった国際線にも投入が検討されています。

関連記事(外部サイト)