台風19号で7割不通の三陸鉄道 ネット募金を受付開始 3月に震災から全線復旧したばかり

台風19号で7割不通の三陸鉄道 ネット募金を受付開始 3月に震災から全線復旧したばかり

三陸鉄道の36-700形ディーゼルカー(2019年2月11日、草町義和撮影)

台風19号により77か所で被害を受け、全体の7割が不通になっている三陸鉄道。運行再開と全線復旧をめざすネット募金が開始されました。低額から手軽に寄付できるのが特徴で、Tポイントも使えます。

今年3月、全区間が震災から復旧した矢先に

 三陸鉄道が2019年11月1日(金)、「Yahoo!ネット募金『令和元年台風19号による三陸鉄道被災への支援募金』」を開設したと発表しました。

 10月12日(土)から13日(日)にかけ東日本を襲った台風19号によって、岩手県の太平洋側を走る三陸鉄道では大きな被害が発生。線路の路盤流出、線路への土砂流入、のり面の崩落といった被害を77か所で受け、リアス線163kmのうち、7割に相当する113.7kmがいまなお不通になっています。

 三陸鉄道リアス線の一部区間(釜石〜宮古)は、今年2019年3月、東日本大震災から8年ぶりに運行を再開したばかりです。

 三陸鉄道では代行バスを運行し、高校生の足を確保しているものの、全線復旧までの代行バス運行などには多大な費用を要することが見込まれるとのこと。

 こうしたなか、三陸鉄道の運行再開と全線復旧に向けた財源として「Yahoo!ネット募金」が行われるもので、クレジットカード経由で100円から、またTポイントを使って1ポイントから寄付できるそうです。

 三陸鉄道は「沿線住民や観光客の皆様の期待に応えるためにも、1日でも早い復旧を目指して、社員一丸となって頑張っておりますので、皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします」としています。

・Yahoo!ネット募金「令和元年台風19号による三陸鉄道被災への支援募金」
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5242001/

関連記事(外部サイト)