241店入居、公園隣接 都内最大の複合施設「南町田グランベリーパーク」とは?

241店入居、公園隣接 都内最大の複合施設「南町田グランベリーパーク」とは?

南町田グランベリーパーク駅にあるスヌーピーの像(2019年11月7日、大藤碩哉撮影)。

駅、商業施設、公園が一体となった「南町田グランベリーパーク」。その最寄り駅の構内は滝が造られるなど、「電車を降りるとパークを感じる」造りになっています。スヌーピーの像もお披露目しました。

東急電車を眺めるスヌーピー

 2019年11月13日(水)に開業予定の「南町田グランベリーパーク」(東京都町田市)が11月7日(木)、報道陣に公開されました。かつての商業施設「グランベリーモール」の跡地を、旧南町田駅、商業施設「グランベリーパーク」、隣接する鶴間公園と一体的に再開発したものです。

「南町田グランベリーパーク」の最寄り駅は、東急田園都市線の南町田グランベリーパークです。この駅は「南町田グランベリーパーク」の開業に先駆けて、10月1日(火)に「南町田」から改称されました。下り電車を降りると、駅ホームから開放的な大階段と滝が目に入ります。これは、まちと駅の一体感を表現したもの。階段にはステップビジョンが組み込まれており、東急線のキャラクター「のるるん」などが表示されます。また、スヌーピーの像が下車した人を迎えるかのように設置されています。

 開業する13日には駅の発車ベルが、町田市出身のギタリスト春畑道哉さん作曲の『Promised Land』に変更されます。この曲は「南町田グランベリーパーク」のテーマソングです。

 なお東急5000系電車1編成には4日(月)から、「南町田グランベリーパーク」開業をPRするラッピングが施され、ヘッドマークが掲出されています。

 東急モールズデベロップメント グランベリーパーク総支配人の青木太郎さんは「電車を降りたらパークを感じるような造りになっています。スヌーピーが出迎え、ワクワク感と開放感にあふれる駅になりました」と話しました。

子ども連れやペット連れにも考慮

 商業施設「グランベリーパーク」は241店が出店。これは都内最大といいます。4割がアウトレット業態、3割が飲食・食物販です。アウトドアを扱う店舗やシネマコンプレックスも入るほか、一時預かり専門託児所なども整備されます。

 施設内には、休憩スペースやおむつ替え台などを備えたトイレも設置されています。子ども連れなどが多く訪れることを考慮し、多目的な利用が可能です。さらに屋外には、ペットを連れた人向けにペット用のシャワーなどが設置されています。

 12月14日(土)には、「グランベリーパーク」の西側に「スヌーピーミュージアム」がオープン。六本木(東京都港区)から移転しての開館ですが、規模は2倍になるといいます。漫画『スヌーピー』創作の歴史や原画などが展示されます。

 かつての「グランベリーモール」と鶴間公園のあいだは道路で分断されていましたが、今回の再開発で道路を廃止し遊歩道を整備することで、駅、商業施設とつながりました。公園内にはテニスコートのほか外周トラックなどのスポーツエリアがあるほか、子ども向けに「森」や「水」などテーマ別のプレイグラウンドが整備されています。

関連記事(外部サイト)