行先表示は「特急 新宿」 相鉄20年ぶり26番目の新駅「羽沢横浜国大」で発車式

行先表示は「特急 新宿」 相鉄20年ぶり26番目の新駅「羽沢横浜国大」で発車式

羽沢横浜国大駅で発車合図を出す駅長(西谷管区長)(2019年11月25日、大藤碩哉撮影)。

相鉄・JR直通線の開業が目前に控えるなか、2社の線路が接続する新駅・羽沢横浜国大で、同路線の発車式が行われました。駅長の合図で招待客らを乗せた12000系電車が発車。行先表示は「特急 新宿」でした。

「JRとしっかり手を携え」直通へ

 2019年11月30日(土)、相鉄本線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)から新駅の羽沢横浜国大駅(同・神奈川区)までを結ぶ新線が開業し、JR新宿方面への直通運転が始まります。

 これに先駆け25日(月)、相模鉄道(相鉄)とJR東日本の線路が接続する羽沢横浜国大駅で発車式が行われました。

 駅コンコースで開催されたセレモニーでは、相鉄の千原広司社長が出席。「月末の開業に向け本日、発車式を開催できたことは、地域の皆様、ご関係の皆様のお力添えのおかげです。当駅は20年ぶり26番目の新駅であり、駅名には地元の町名と、地域のシンボルである横浜国立大学を取り入れました。直通のメリットを十二分に感じていただき、沿線に来ていただければありがたいです。JRとしっかり手を携えてまいります」と挨拶しました。

 国土交通省の赤羽一嘉大臣は「当駅は既存のストックを有効活用した、神奈川県央と東京の都心を直接結ぶ画期的なプロジェクトのひとつです。関係の皆様に深く敬意を表します。その先の東急直通線も着実に取り組み、さらなる利便性向上とにぎわいの創出に向け、省としても都市鉄道ネットワークの構築に向け尽力します」と話しました。

列車は「特急 新宿」を表示

 神奈川県の黒岩祐治知事は「私は二俣川(横浜市旭区)に住んでいたことがありまして、都心へ出るのにいったん横浜駅で乗り換える大変さを肌で感じてきました。都心へ直結、大変便利になりますが同時に、“マグネット神奈川”と申しているように、相鉄沿線に人々を惹き付ける魅力が必要です。“磁力あふれる神奈川”をつくっていきたい」と述べました。

 羽沢横浜国大駅の乗り場は地下にあります。コンコースから階段を降りると「特急 新宿」を表示した相鉄12000系電車が停車していました。

 招待客が乗り込み、駅長(西谷管区長)が「出発進行」と発車合図を出すと、列車は警笛を吹鳴。その後、新宿方面に向けて発車しました。

 相鉄・JR直通線が開通すると、相鉄の二俣川駅と新宿駅が最速44分、相鉄の大和駅(神奈川県大和市)と渋谷駅が最速45分で結ばれます。運転本数は、朝ラッシュ時間帯が毎時4本、そのほかの時間帯が毎時2本から3本です。

 また2022年度には、羽沢横浜国大駅から新横浜駅を経由して日吉駅方面へ至る「相鉄・東急直通線」の開業も予定されています。

関連記事(外部サイト)