「マイカー車中泊」の寒さ暑さ対策や寝床作り 経験者にテクニックや教訓を聞いた

「マイカー車中泊」の寒さ暑さ対策や寝床作り 経験者にテクニックや教訓を聞いた

夜間のサービスエリアのイメージ(画像:写真AC)。

マイカーでの車中泊経験に関するアンケートを実施。クルマをとめる場所、寝床作り、暑さ・寒さ対策など、経験者だからこそ言える車中泊の知恵やノウハウ、便利グッズの情報、教訓がたくさん集まりました。

車中泊で集まった車中泊の知恵&ノウハウ

「乗りものニュース」では2019年11月25日(月)から26日(火)にかけて、マイカーでの車中泊経験に関するアンケートを実施。その知恵やノウハウをあわせて任意で聞いたところ、200件を超える声が寄せられました。内容別に抜粋して紹介します。

駐車する場所

・平らな場所にとめる(50〜54歳、男性)
・サービスエリア等トイレや自販機が有る所で宿泊(55〜59歳、男性)
・道の駅以外は職務質問されがち(55〜59歳、男性)
・前進駐車で他車のヘッドライトが直接視界に入りにくい向きに止める。PA・SAなどでは、トイレや自販機から離れた場所に止める(但し、雨天時はこの限りではない)(60〜64歳、男性)
・騒音トラブルにならなくてトイレに行ける場所を選択すること(55〜59歳、男性)
・うるさくても安全のために明るく人がいるところで寝ます(50〜54歳、男性)
・周囲に迷惑を掛けないこと(45〜49歳、男性)
・そこそこ人通りがあるところで泊まる。ポツンと1台で泊まるのは危険(55〜59歳、男性)
・街灯があって舗装された場所。草むらは夜露や霜が降りて、虫が車内へ入ってくる。ロックは忘れずに。防犯ブザーも必需品(55〜59歳、男性)

車中泊の「寝床」はどうやって作る?

寝床作り

・助手席側で寝た方がペダルが足に当たらないから寝やすい。エンジンかけて寝た場合はアクセルに足が乗ると騒音やオーバーヒートなどのトラブルが発生する(45〜49歳、男性)
・毛布とダンボールがあれば便利。毛布は真冬以外の寒さはしのげるし、ダンボールは敷布団代わりや夏の日差しよけなど色々使える(45〜49歳、男性)
・マットレスを持参して体が痛くないようにした(45〜49歳、女性)
・エアーベッドがあると快適に過ごせます(20〜24歳、男性)
・軽の4ナンバーバンにユニット畳を敷いている(45〜49歳、男性)
・フルフラットにならない車(スズキ イグニス)だったので、無印良品のビーズクッションで強引にフルフラット化したところ、快適に寝られました(40〜44歳、男性)
・シートをリクライニングだけして横になるにしても、数千円の安物の寝袋を使うだけでも、ずいぶん快適です(45〜49歳、男性)
・登山用のシュラフやマットレスを活用している。また、歯磨きセットや(シャワー室や銭湯などに立ち寄るのに便利な)シャンプー・ボディシャンプーを車内に積んでいる(40〜44歳、男性)
・プラ段を窓にはめ込んで遮光。なるべく車内を水平に保てるように高さ調節用の板(タイヤの下に敷く)を用意しておく(40〜44歳、男性)
・外からの光を遮るアイマスクは必須(20〜24歳、男性)
・100均の突っ張り棒とバスタオルはあると便利(30〜34歳、男性)

寝袋必須 エンジンは…? 車中泊の寒さ・暑さ対策

寒さ・暑さ対策

・エンジン掛けっぱなしはガソリンの無駄遣いなので、特に冬場は寝袋持参(45〜49歳、男性)
・街灯の近くは避ける。ガソリンの無駄だがエンジンはかけっぱなしで空調を入れておく(60〜64歳、男性)
・明け方恐ろしく寒いので秋でも真冬の服装がお勧め(55〜59歳、男性)
・ガラスに100均のアルミ保温シートを貼る(40〜44歳、男性)
・冬場は床から寒さが伝わってくるので、その経験から寝袋を持ち込んで寝るようにしました。1人の時は後部座席で、横になって寝ると多少寝易いかなとも思います(一般的な乗用車の場合)(50〜54歳、男性)
・夏場はいかに換気するか、冬場は放熱を防ぐかが重要。冬はアルミマットを窓の形に切って貼ると視線も熱も防げる(35〜39歳、女性)
・夏は暑いので手が入らないぐらいの幅の窓を全て開けておく。冬場は足が冷えて全身が寒く感じるので足元は絶対温める(20〜24歳、男性)
・着こむことで寒さはしのげるが暑さはどうにもならないので夏は車中泊をしない(35〜39歳、男性)
・夏は標高が高い所。トイレがあり合法的に駐車できる所を選ぶ。冬は車中泊はしない(55〜59歳、男性)
・換気を考えなかったので冬場のため室内結露がひどかった。親子3人車中泊でした(55〜59歳、男性)
・モバイルバッテリー等で給電して動くファンなどを利用(換気にも送風にも使える)(40〜44歳、男性)

車中泊、雰囲気も重要?

そのほか

・職務質問されないよう怪しさを醸し出さない!(30〜34歳、男性)
・車には必ず非常用品(水、ちょっとした食べ物、毛布、キャンプ用品)をトランクに入れている(40〜44歳、男性)
・プライバシー保護のためのブラインドと冬場は暖をとる装備を十分にしておくこと、非常時のブースターケーブルに車止め、解氷材など、あと急な天候の変化に対応するための雨具など(50〜54歳、男性)
・スーパー銭湯でしっかり疲れを取ってから車中泊すると翌朝の体調が全然違います(40〜44歳、男性)
・翌日も長時間運転する予定なら、車内泊はすべきではない(30〜34歳、男性)

 なお参考までに、「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)フォロワーなどを対象に行った今回のアンケートでは、「あなたは、マイカーで車中泊したことはありますか? なお、自分もしくは家族所有のクルマを「マイカー」とします」という質問に対し、84.2%(475人)が「ある」、15.8%(89人)が「ない」と回答しています。

●アンケート実施概要
・調査期間:2019年11月25日(月)20時ごろから11月26日(火)20時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:564

関連記事(外部サイト)