暫定2車線高速のワイヤーロープに課題 死亡事故減少も接触事故・通行止め増 対策は?

暫定2車線高速のワイヤーロープに課題 死亡事故減少も接触事故・通行止め増 対策は?

暫定2車線の高速道路に設置されたワイヤーロープの例(画像:国土交通省)。

高速道路で対面通行となる暫定2車線区間の安全対策として、中央分離帯へのワイヤーロープ設置が進行中。反対車線への飛び出しや重大事故の防止に効果を上げる一方、事故や通行止めが設置前より増加傾向です。対策はあるのでしょうか。

死亡事故7件がゼロに しかし課題も

 高速道路で対面通行となる暫定2車線区間の安全対策として、中央分離帯へのワイヤーロープ設置が国主導で進められています。2019年4月までに設置された区間(全国およそ180km)では、設置前の2016年に対向車線への飛び出し事故が71件発生していたのが、設置後は4件まで減少。死亡事故は同7件がゼロになるなど、大きな効果を上げています。

 とはいえ、設置区間では新たな課題も浮上しています。ワイヤーロープへの接触により事故件数が増え、通行止めの回数やその時間も、以前より増加傾向にあるのです。

 2019年8月にワイヤーロープの設置が完了した秋田県内の日本海東北道 仁賀保IC〜岩城IC間(約17.6km)でも、8月から10月の3か月間で通行止めをともなう事故が11件発生し、前年同期から4件増えています。このため、同区間を管理する国土交通省 秋田河川国道事務所は2019年11月19日(火)、秋田県警や周辺の消防本部とともに、ワイヤーロープへの接触事故を想定した合同訓練を実施しました。

「事故車両が車線を塞ぎ、大渋滞が発生することも想定されます。このため、事故区間の手前でワイヤーロープを一時的に撤去して反対車線へ入れるようにし、片側の1車線で交互に通行させる訓練のほか、救急車の現場までの進入方法などを関係機関と確認しました」(秋田河川国道事務所)

 秋田河川国道事務所によると、ワイヤーロープ設置後、1事故あたりの平均通行止め時間は約3時間とのこと。今回の訓練は、降雪期を迎えるにあたり、事故の増加も予想されることから、迅速な事故対応と通行止め時間の短縮を図るために実施したそうです。

ワイヤーロープ 8割の事故車両が「自走不能」に

 日本海東北道では新潟県内にもワイヤーロープ設置区間がありますが、同区間の事故による通行止め回数は、ワイヤーロープ設置前は7回(2016年)だったものが、設置後は20回(2017年4月からの1年間)に。通行止めの累計時間は17時間47分から、42時間31分に増えました。全国で見ると、事故による通行止め回数は前年同期比較で55回から180回に増加しています。

 国土交通省高速道路課によると、設置前は中央分離帯のラバーポールなどに衝突しても自力で戻り、そのまま走り去っていったケースが相当数あったものの、設置後はワイヤーロープに接触した車両が跳ね返ってくるようになり、事故件数の増加につながっていると見られるとのこと。よって、ワイヤーロープ設置により事故が“増えている”とは、一概には言えないそうです。

 しかしながら、ワイヤーロープへの接触事故は、8割の車両が「自走不能」になっているなど、損傷は小さくはありません。このため国土交通省では、ワイヤーロープの支柱に色をつけ視認性を向上させる、路面標示により注意喚起を行うといった対策も行っています。

 秋田河川国道事務所は、「ワイヤーロープにより、まかり間違えば死亡事故になっていたケースも防げています。この冬の状況を踏まえ、さらに必要な対策を施していきます」としています。また国土交通省では今後、1500km以上の対象区間について、おおむね2023年までにワイヤーロープの設置を完了する方針です。

関連記事(外部サイト)