戦略爆撃機 どう世界へ拡散したのか B-29をソ連が完全コピーした「Tu-4」 皮肉な歴史

戦略爆撃機 どう世界へ拡散したのか B-29をソ連が完全コピーした「Tu-4」 皮肉な歴史

ソ連初の戦略爆撃機、Tu-4。初飛行は第2次世界大戦後の1947(昭和22)年5月19日(画像:アメリカ空軍)。

アメリカが第2次世界大戦中に実用化したB-29は、高性能ゆえに戦後さまざまな形で後世まで影響を与えました。それはアメリカ国内にとどまらず、海を越えて冷戦中のライバル国にまで、さらにその隣国にまで伝播していました。

戦略爆撃機の技術を熱望したソ連

 第2次世界大戦でアメリカが開発、使用したB-29「スーパーフォートレス」戦略爆撃機。同機はアメリカの戦争方針によって、ヨーロッパ戦線では使用せず、アジア・太平洋戦線、いわゆる対日戦で使用することが決まったため、大戦中はおもに日本周辺を飛び回っていました。

 そのためB-29は、日本では知名度の高いアメリカ軍機ですが、同機のそっくりさんがソ連で製作されています。その名は「Tu-4」、外観だけでなく機体サイズもほぼ同等ですが、それはTu-4がB-29の無断コピーだからです。

 ソ連はどうやってB-29をコピーすることができたのでしょうか。そもそも、B-29は1942(昭和17)年9月に初飛行したのち、1944(昭和19)年5月より部隊運用を開始しました。

 ただし、この頃はまだ中部太平洋のサイパン島やグアム島、テニアン島などは日本の勢力下にありました。そのため、B-29は当初、インド経由で中国に送られ、中国南西部にある四川省を拠点に、九州へ飛来するようになりました。この時、飛来したB-29のうちの数機が、日本側の迎撃で損傷し、中国奥地まで戻れない場合にソ連の日本海沿岸部に不時着したのです。

 第2次世界大戦中、ソ連はアメリカに対してB-29の供与を求めていましたが、アメリカはB-29を戦略兵器とみなしていたため、この要求を拒否していました。そこで、ソ連は不時着したB-29に手を伸ばしました。

 ソ連は不時着機の搭乗員はアメリカに帰国させましたが、機体は日ソ中立条約を建前に接収し、このうちの1機を完全にバラバラにして、ボルト1個、ネジ1本からすべて、部品単位で完全コピーしたのです。こうしてソ連は、B-29と瓜ふたつの爆撃機を作り上げました。

巡り巡って中国にまで流れたB-29の技術

 ソ連はB-29の完全コピーを目指したものの、いくつかの部分で相違がありました。まず大きな違いはエンジンです。組み合わせるターボチャージャーこそコピー品でしたが、エンジンは独自に開発したシュベツォフAsh-73空冷星形エンジンでした。

 またB-29の特徴であった機内与圧の前後通路部分や、リモコン銃座の射撃管制装置などはコピーできなかったといわれています。さらにヤード・ポンド表記を無理やりメートル・グラム表記に換算し製作したためか、重量が1%(約0.5t)ほど増えていました。

 それでもソ連は、曲がりなりにもB-29のコピーに成功、第2次世界大戦後の1947(昭和22)年5月19日に初飛行すると、Tu-4の名称で1949(昭和24)年から1952(昭和27)年までの間に847機生産し、自国初の戦略爆撃機として運用しました。

 一方で、ソ連は1949(昭和24)年8月29日に、原子爆弾を用いた初の核実験に成功しています。Tu-4は原型のB-29同様、高度1万m以上を飛行し、核爆弾を運搬できるため、つまりアメリカの「核の独占」を打ち砕く存在となったのです。

 しかも1950年代前半には、中国(中華人民共和国)に対してソ連がTu-4を約10機供与しています。そして1964(昭和39)年10月16日には中国も核実験に成功し、Tu-4は中国においても、核爆弾の運搬手段となります。

 そのころになると中国は、スターリン亡きあとのソ連と距離を置いており、米ソのどちらにも与さない第三極として存在していたため、米ソ両方に対しての牽制となりました。

 アメリカはB-29を開発したことで、対日戦を有利に進めることができましたが、同機の技術がソ連に渡ったことで、結果として自国に向く「核の矢」ができあがってしまったともいえます。

 またソ連も、スターリンの好意から中国にTu-4を引き渡したことで、自国に核攻撃可能な手段を中国に自らお膳立てした形となりました。

 まさに歴史の皮肉を感じさせる流れをB-29は作ったといえるでしょう。

関連記事(外部サイト)