「相鉄・JR直通線」開業 一番列車で出発式 短い新線と既存ルートで東京へ

新線「相鉄・JR直通線」が開業 新横浜駅を経由する「相鉄・東急直通線」も開業予定

記事まとめ

  • 相模鉄道(相鉄)と東京方面のJR線をつなぐ新線「相鉄・JR直通線」が30日、開業した
  • 新線は相鉄本線の西谷駅から分岐して羽沢横浜国大駅に至る相鉄の新線
  • 22年度には羽沢横浜国大駅から新横浜駅を経由する「相鉄・東急直通線」が開業する予定

「相鉄・JR直通線」開業 一番列車で出発式 短い新線と既存ルートで東京へ

「相鉄・JR直通線」開業 一番列車で出発式 短い新線と既存ルートで東京へ

相鉄線からJR線に直通する新宿行き特急(2019年11月30日、草町義和撮影)。

相鉄線から乗り換えることなく東京方面へ行ける新線「相鉄・JR直通線」が開業。そこを通る一番列車の「出発式」が海老名駅で行われました。3年後はさらに、新横浜駅を経由して東急線とも直通する予定です。

数十km先に効果をもたらす2kmの新線

 2019年11月30日(土)、神奈川県内を走る相模鉄道(相鉄)と東京方面のJR線をつなぐ新線「相鉄・JR直通線」が開業。このルートを通る一番列車(新宿行き特急)が、相鉄本線の海老名駅(神奈川県海老名市)を発車しました。

 発車を前にして行われた「出発式」では、相鉄の千原広司社長が「直通運転によって、都心までのアクセスが格段に向上し、沿線の皆様の生活が変わり地域社会の発展につながるものと確信しております」とあいさつ。新線の開業と東京方面に向かう直通列車のデビューを祝いました。

 相鉄・JR直通線は、相鉄本線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)から分岐して羽沢横浜国大駅(同・神奈川区)に至る、相鉄の新線です。羽沢横浜国大駅の近くにはJR東海道本線の貨物支線(羽沢線)があり、同駅と羽沢線をつなぐ線路も合わせて整備。これにより相鉄線とJR線(東京方面)の直通運転が可能になりました。

 これまで相鉄線の各駅から東京方面に向かうには、横浜駅でJR線や東急東横線などに乗り換えるか、大和駅(神奈川県大和市)か海老名駅で小田急線に乗り換える必要がありました。それが直通列車の運転開始により解消。所要時間も短くなりました。相鉄本線の二俣川駅(横浜市旭区)からJR線の新宿駅まで行く場合、従来の所要時間は乗り換え時間も含めて1時間弱でしたが、直通列車を使えば最短44分で、10分程度短縮されます。

 新線を整備すると、利用者にとっては目的地までの所要時間が短縮されたり、乗り換えが解消されたりするなどのメリットがあります。それは相鉄・JR直通線も同じ。しかし、同線の全長はわずか2kmほどしかありません。にもかかわらず、相鉄線から数十km離れた東京都心まで所要時間短縮などの効果をもたらしたことに相鉄・JR直通線の大きな意味があります。

将来は名古屋や大阪へも短縮効果

 戦後の日本は経済成長に伴い、東京などの大都市で通勤列車が激しく混雑するようになりました。これを解決するため、都心では地下鉄の新線を多数建設。郊外にはニュータウンが整備され、都心とニュータウンを結ぶ新線も建設されました。しかし、時が進むにつれて地価や建設資材、人件費が高くなり、新線の建設は難しくなりました。

 そこで、既設の貨物線に通勤列車を走らせたり、近接する鉄道を短い新線で接続して直通列車を走らせたりするなど、できるだけ費用を抑える形で鉄道の改善が図られるようになりました。国は2005(平成17)年、短い新線を建設するための補助制度を創設。相鉄・JR直通線は、この制度の第1号路線として建設されたのです。

 相鉄・JR直通線の総事業費は約800億円。しかし、相鉄・JR直通線の原型となった1960年代の構想は、相鉄線のエリアから東京方面に直通する全長約30kmの新線でしたから、それに比べれば大幅に短く安い費用で東京への直通が実現できたといえるでしょう。ちなみに、全長約60kmのつくばエクスプレス線の建設費は約9400億円でした。

 なお、2022年度下期には、相鉄・JR直通線を延伸する形で、羽沢横浜国大駅から東海道新幹線の新横浜駅(横浜市港北区)を経由して東急線の日吉駅(同)までを結ぶ、全長10kmの「相鉄・東急直通線」が開業する予定。この路線も「短い新線で直通化」の補助制度を使って建設中です。

 これが完成すると、西谷〜羽沢横浜国大〜新横浜間は「相鉄新横浜線」、新横浜〜日吉間は「東急新横浜線」として運営され、相鉄線と東急線の直通運転も始まります。単に相鉄線から東京方面への直通ルートが増えるだけでなく、東海道新幹線へのアクセスも改善されます。全長約12kmの新線建設の効果は、数百km先の名古屋や大阪まで及ぶことになるでしょう。

関連記事(外部サイト)