「寝過ごし救済バス」12月運行 終電後に高尾から八王子へ「戻れる」 西東京バス

高尾駅からJR八王子駅へ向かう「寝過ごし救済バス」を運行 12月6、13、20日に運行

記事まとめ

  • 西東京バスは、高尾駅からJR八王子駅へ向かう「寝過ごし救済バス」を運行すると発表
  • 終電後に、うっかり高尾駅まで寝過ごしてしまった人に、八王子まで戻る手段を提供
  • 今年は12月6日(金)と13日(金)、20日(金)の深夜に運行される

「寝過ごし救済バス」12月運行 終電後に高尾から八王子へ「戻れる」 西東京バス

「寝過ごし救済バス」12月運行 終電後に高尾から八王子へ「戻れる」 西東京バス

深夜に運行されるJR八王子駅行き「寝過ごし救済バス」(画像:西東京バス)。

忘年会シーズン恒例企画!

 西東京バスは2019年12月2日(月)、高尾駅からJR八王子駅へ向かう深夜バス「寝過ごし救済バス」を、12月6日(金)と13日(金)、20日(金)の深夜に運行すると発表しました。

 このバスは、新宿駅24時14分発のJR中央線「中央特快」高尾行き(高尾24時55分着)に接続する形で、高尾駅北口から発車。上り方面の終電後に、ついうっかり高尾駅まで寝過ごしてしまった人に向け、宿泊施設などが多い八王子駅付近まで「戻る」手段を提供します。

 高尾駅北口を25時05分に発車、途中の各停留所に停車し、JR八王子駅北口へ25時32分に到着します。高尾〜八王子間の運賃は920円(深夜バスのため通常の倍額)です。

 西東京バスによると、「寝過ごし救済バス」は同社の運転士の発案により2014(平成26)年に運行を開始し、今期で6年目となる忘年会シーズン恒例のサービスとのこと。2018年12月は3日間の運行で、計35人(最大で1便あたり15人)が利用したそうです。

関連記事(外部サイト)