飛行機の「マイル」ためてる? 交換最多は国内線特典航空券 効率よくためる方法は

飛行機の「マイル」ためてる? 交換最多は国内線特典航空券 効率よくためる方法は

ANAのボーイング767型機とJALのボーイング777型機(2018年3月、恵 知仁撮影)。

航空会社のマイレージサービスに関するアンケートを実施。ためたマイルは「国内線特典航空券」に交換した人が最多で、次いで「ほかのポイントや電子マネー」でした。マイルを効率よくためるための方法も集まっています。

飛行機の「ためたマイル」使い道は?

「乗りものニュース」では2019年11月29日(金)から30日(土)にかけて、航空会社のマイレージサービスに関するアンケートを実施。322人から回答が集まりました。

「ためたマイルは何に使ったことがありますか?」という質問には、「国内線特典航空券」が62.2%、次いで「ほかのポイントや電子マネー」29.5%、「商品へ交換」23.6%、「国際線特典航空券」22.5%、「座席のアップグレード」16.0%、「まだ使ったことがない」15.6%、「その他」4.7%、「ホテルやレストランなどのサービス」2.2%、「イベント参加」1.8%という回答でした(複数回答)。

「その他」の自由回答では、「災害募金への寄付」「ツアー料金に充当」などが挙がっています。

飛行機のマイルを効率よくためる方法は?

 特典航空券の行先を自由回答形式で質問したところ、国内線では、北は北海道の新千歳をはじめ釧路、中標津、南は奄美や那覇、宮古、石垣までさまざま。「マイルを使って帰省する」という人もいました。

 国際線では、アジアだと香港やシンガポール、台北、ソウル、北京、上海、ヨーロッパはロンドン、パリ、ローマ、ヘルシンキ、ブリュッセル、フランクフルト、アメリカはハワイ、サンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ、ニューヨークなどがありました。

「マイルを効率よくためるため、していることを教えてください」との質問(自由回答)では、次のような回答が寄せられています。

・期限が無期限のクレジットカードポイントを貯めておき、必要な分だけマイルに替えています(35〜39歳、男性)
・公共料金のカード払い(45〜49歳、男性)
・普段の買い物も航空会社のクレジットカードで支払う(35〜39歳、男性)
・少なくとも普通カードより上のカードで登録 ファミリーマートで弁当を毎日購入。追加で年会費がかかってもショッピングマイル・プレミアムに入会し、その上でツアーといったボーナスマイルがつく旅行をしている(25〜29歳、男性)
・特になし。コツコツコツコツ(45〜49歳、男性)

では、飛行機のマイルをためない理由は?

 一方、マイルをためていないと回答した人にも、その理由を聞きました(複数回答)。最多は「飛行機をあまり使わない」の91.5%。次いで「ほかのポイントをためている」19.1%、「マイルやポイントに興味がない」10.6%です。

「その他」8.5%の自由回答では、「スカイマークがメインだから」(45〜49歳、男性)、「LCCの利用が多いので」(50〜54歳、男性)といった意見も寄せられました。

 なお参考までに、「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)フォロワーなどを対象に行った今回のアンケートでは、「あなたは航空会社のマイルをためていますか?」という質問に対し、85.4%(275人)が「ためている」、14.6%(47人)が「ためていない」と回答しています。

●アンケート実施概要
・調査期間:2019年11月29日(金)20時ごろから11月30日(土)20時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:322

関連記事(外部サイト)