首都高3号下りに「渋谷入口」誕生! 渋谷からC2行けます ただ月1回の閉鎖に注意

首都高3号下りに「渋谷入口」誕生! 渋谷からC2行けます ただ月1回の閉鎖に注意

2019年12月19日に開通する3号線下り渋谷入口(2019年12月10日、中島洋平撮影)。

首都高3号渋谷線の下り「渋谷入口」が間もなく開通します。これにより六本木や渋谷方面から3号線に入り、C2中央環状線へ向かうことが可能に。狭いスペースに造られた入口は「1レーン1ブース」という特殊構造になりました。

渋谷〜羽田、C2経由で6分短縮

 首都高3号渋谷線の下り「渋谷入口」が2019年12月19日(木)午前2時に開通します。それに先立ち報道陣への現場公開が12月10日(火)に行われました。

 新しい渋谷入口は渋谷駅の東側、六本木通り沿いの渋谷2丁目交差点付近に設置されます。

「3号線の下りは渋谷界隈に入口がなく、ここから西の大橋JCTを越えた先の池尻が唯一の入口でした。渋谷入口ができることで、六本木や渋谷から郊外へのアクセス性が向上するほか、大橋JCTからC2中央環状線で北にも南にも行くことができます」(首都高速道路 東京西局プロジェクト本部長 高橋三雅さん)

 この渋谷入口の建設は、C2をより使いやすくする「機能強化事業」の一環です。これまで渋谷方面からC2を利用する場合、一般道を大橋JCT以西まで迂回して上りの三軒茶屋入口から首都高へ入り、いったん東へ戻る形で大橋JCTを経由する人もいたそうです。しかもこのルートは、大橋JCTを先頭とする上り線の渋滞に巻き込まれることもありますが、下り渋谷方面からC2の北行きおよび南行き方向は、比較的空いているといいます。

 大橋JCTの東側に下りの渋谷入口ができることで、たとえば渋谷と羽田空港のあいだの所要時間は、従来のC1都心環状線経由から、C2経由で約6分短縮されるとのことです。

「月1回閉鎖」のワケ 狭さならではの事情

 今回の渋谷入口は、片側3車線ある六本木通りの1車線を転用する形で建設されました。首都高の本線と一般道に挟まれた極めて狭い立地条件のため、特殊な構造がとられており、利用の際には注意点も存在します。

 まず料金所の構造。1車線ぶんのスペースだけでは足りないため、料金所が掘割の下を通る首都高本線の上空に「張り出す」形で建設されています。そのうえで、ETC・現金兼用の「1レーン1ブース」料金所が設置されました。

 通常、料金所は2レーン以上が確保されますが、1レーン1ブースという最小単位の構造は、首都高では2例目。「ETCの普及もあって可能になった構造」(首都高速道路)だそうです。

 また、この下り渋谷入口は開通後、毎月1回、原則として第2日曜の夜間時間帯に通行止めとなります。ETC設備などの定期点検によるものですが、2レーン以上ある入口ならば1レーンずつ交互に行えるものの、ここは1レーン1ブースのため「入口通行止め」という形を取らざるを得ないのです。このため、料金所に埋め込まれる形で設置される軸重計(車両の重さを計る装置)なども、構成部品が少ないメンテナンス性のよいものを使用しているといいます。

将来的に池尻入口は長期閉鎖 渋谷が代替に

 下り渋谷入口は、C2の機能強化以外に、もうひとつの大きな役割を担います。将来における「池尻入口の代替」としての機能です。

 3号線は開通から40年以上が経過しており、池尻〜三軒茶屋間の約1.5km区間で、老朽化にともなう大規模更新(造り替え)事業が計画されています。この期間中、現時点において3号線下りで唯一の入口である池尻入口の長期通行止めが見込まれているのです。

 ただ、今回の渋谷入口の見込み通行台数は1日平均で約4600台。対して池尻入口の通行台数は、同約8000台です。1レーン1ブースの渋谷入口だけで池尻の代替を果たすのは難しいことから、実際にはC2の初台南入口など、複数の迂回先を案内するといいます。

 なお、池尻入口の通行止めがいつから始まるかは未定ですが、池尻〜三軒茶屋間の大規模更新事業については現在、近隣住民への工事説明会が重ねられており、2020年度の着工、2027年度の事業完了が予定されています。

関連記事(外部サイト)