強化型「日本仕様ジャンボ」も飛んでいた 「日本と関わりが深い旅客機」3選

強化型「日本仕様ジャンボ」も飛んでいた 「日本と関わりが深い旅客機」3選

ANAのボーイング747SR。通称「スーパージャンボ」のイメージ(画像:ANA)。

世界でフライト頻度が多い路線トップ10に4路線がランクインするという日本は、海外では長距離の国際線などに就航するような仕様機が国内線で使われるなど、旅客機の使い方も少し違います。そうした事情と関わりが深い飛行機を3つまとめました。

国内線で大型機が飛ぶ国、日本

 日本の飛行機市場は少々“特殊”です。ボーイングの民間航空機部門マーケティング担当ランディ・ティンゼス副社長によると、世界でフライト頻度が多い路線トップ10に、日本の4路線(羽田〜新千歳、福岡、那覇、伊丹線)がランクイン。このことからか、ほかの国では長距離国際線への投入が多いワイドボディ機(通路が2本ある)などの大型機が、国内線で使われることが多いようです。

たとえばJAL(日本航空)やANA(全日空)でかつて主力機だった「ジャンボ」ことボーイング747シリーズや、2019年JALが導入したエアバスA350-XWBなども国内線で用いられています。そうした事情の日本市場ですが、どのような飛行機と関わりが深いのでしょうか。

 ここで日本の航空会社が「ローンチカスタマー」となった3機種をピックアップしてみました。「ローンチカスタマー」とは、航空機メーカーにとってリスクも高い新型機開発で、初めに大量発注などを行うことにより、その機種開発を後押しする航空会社のことです。

日本市場用「クラシックジャンボ」ボーイング747SR型機

 ボーイング747SRは、1973(昭和48)年に初飛行。ローンチカスタマーはJALです。初期型「クラシックジャンボ」747-100型機をベースに造られた短距離運航に特化した日本仕様機で、末尾の「SR」は「Short Range(短距離型)」を意味しています。500人以上を乗せられる747SR型機はJALのほか、ANA(全日空)も同社初の「ジャンボ」として導入。世界でもこの2社のみが使っていた飛行機ですが、ともに主力機として活躍しました。

 国内線の場合、飛行機は1日に何回もフライトすることから、ハードな離着陸や地上と上空の気圧差に、国際線より頻繁にさらされます。このため747SR型機は、ほかの747シリーズとくらべて、車輪まわりなどの降着装置や機体構造が強化されています。

ハイテクな日本仕様「ジャンボ」も 日本に深いかかわりの新鋭機も

 日本国内仕様の「ジャンボ」はこれだけではありません。

日本市場用「ハイテクジャンボ」ボーイング747-400D

 ボーイング747-400Dは、1991(平成3)年に初飛行。747SR型機の後継として「ハイテクジャンボ」ことボーイング747-400型機をベースに開発されたもので、同様にJALがローンチカスタマーとなっています。末尾の「D」は「Domestic(国内)」を意味しています。

 標準型の747-400型機は、主翼先端が跳ね上がっている「ウイングレット」が大きな特徴ですが、747-400「D」型機はそれがありません。国内線では「ウイングレット」の設置理由である、燃費向上の効果が低いという理由だそうです。このほか、747SR型機と同様、車輪などの降着装置や機体構造が強化されています。

1号機はセントレアにある、ボーイング787-8

 日本の航空会社がローンチカスタマーとなった飛行機はほかにも、ボーイング767-300型機(JAL)などがあるものの、特に日本と関わりが深いのは、ボーイング787-8型機です。ANAがローンチカスタマーとなり、2004(平成16)年に開発がスタート。現在は派生型の787-9などもあり、ANA、JALともに主力の飛行機です。

 胴体に新素材を採用し、燃費効率などの経済性を重視した飛行機ですが、パーツの多くが日本で造られている準日本製の飛行機であることもポイント。なかでも中部地方のパーツ生産比率が多いことから、初号機は中部国際空港セントレアに併設されたテーマパーク「フライト オブ ドリームズ」に寄贈されています。

ちなみに、中部空港には造られた787シリーズのパーツをアメリカへ運搬するため、「ジャンボ」を改造した世界でも4機しかない特別輸送機「ドリームリフター(ボーイング747-400LCF)」も飛来します。

関連記事(外部サイト)