東海道新幹線全駅で「荷物サイズ確認」キャンペーン 来春の事前予約制導入に向け周知

東海道新幹線全駅で「荷物サイズ確認」キャンペーン 来春の事前予約制導入に向け周知

測定台で荷物のサイズを確認する(画像:JR東海)。

測定に応じると12月はメジャーを贈呈!

 JR東海は2019年12月24日(火)、東海道新幹線の各駅で「荷物サイズ確認キャンペーン」を実施すると発表しました。

 東海道・山陽・九州新幹線では、2020年5月中旬乗車分から、縦・横・高さの3辺合計が160cm超、250cm以内の「特大荷物」を持ち込む際の事前予約制が導入される予定です。

 これに向け、新幹線利用者により理解を深めてもらうため、12月26日(木)と27日(金)に東京、名古屋、新大阪駅で、2020年1月以降は東海道新幹線の全17駅で、「荷物サイズ確認キャンペーン」が行われます。案内スタッフが大きな荷物を持った利用者に声をかけ、利用者は測定台で荷物のサイズを測ります。確認に応じた利用者にはノベルティが渡されます。12月実施時はメジャーです。

 このほか、ウェブサイトや、訪日外国人の利用の多い「TripAdvisor」「Skyscanner」「Expedia」などの旅行関連サイトにも案内を掲載するなど、ルールの浸透を図っていく方針です。

 導入されるサービスは、座席と客室内最後部の「特大荷物スペース」をセットで予約できるというもの。追加料金は不要ですが、事前に予約せず特大荷物を列車内に持ち込んだ場合は、持込手数料1000円が請求されるとともに、乗務員が指定する場所に荷物を収納することになります。

関連記事(外部サイト)