運転中の眠気どう対処する?飲料や窓開け以外には…気分転換・疲労回復の方法も聞いた

運転中の眠気対処法に『息を止める』など NEXCO東日本は2時間に1回の休憩推奨

記事まとめ

  • 長距離ドライブでの眠気・疲れ対策に関するアンケートで、さまざまな実例が集まった
  • 眠気対処法として『息を止める』や『あたりめを食べる』といった回答が寄せられた
  • また、休憩は2時間でとる人が56.8%で最も多く、6時間以上という人は1.1%いた

運転中の眠気どう対処する?飲料や窓開け以外には…気分転換・疲労回復の方法も聞いた

運転中の眠気どう対処する?飲料や窓開け以外には…気分転換・疲労回復の方法も聞いた

圏央道と交わる東名高速の海老名JCT付近(2017年3月、中島洋平撮影)。

長距離ドライブでの眠気・疲れ対策に関するアンケートを実施。眠気を感じたときにしていることや、ドライブ休憩中にしている具体的なこと、休憩をとる時間の間隔などを質問。さまざまな実例が集まりました。

運転中に眠気を感じたら、どう対処してる?

「乗りものニュース」では2019年12月23日(月)から24日(火)にかけて、長距離ドライブでの眠気・疲れ対策に関するアンケートを実施。643人から回答が集まりました。

「ドライブ中に眠気を感じたら、どう対処していますか?」との質問(複数回答)では、次のような結果となりました。なお、前提は「すぐには休憩できない状況」としています。

・あめ、ガム、ミントタブレットを食べる:65.8%
・飲みものを飲む:61.4%
・窓を開ける:58.8%
・音楽やラジオを聞く:44.9%
・歌う:33.7%
・同乗者と話す:23.8%
・タバコを吸う:13.1%
・目薬をさす:9.5%

「その他」10.0%では、次の回答が寄せられました。

・あたりめを食べる(45〜49歳、男性ほか)
・息を止める(45〜49歳、男性)
・クール系の汗拭きシートで、顔や首筋などを拭く(50〜54歳、男性ほか)
・自分で頬をつねるorひっぱたく(45〜49歳、男性ほか)
・耳掻きをする(50〜54歳、男性)
・耳タブを引っ張る(45〜49歳、男性)
・「眠い!!」と叫び続ける(45〜49歳、男性)

 このほか「最寄りのSAまで頑張って運転して仮眠する。本当に眠い時は歌を歌ったり窓を開けたりするとか、そんなのは何をやっても無駄。仮眠しかない」(50〜54歳、男性)と答えた人もいました。

運転の休憩 みんなはどれぐらいの間隔でとってる? リフレッシュ方法は?

「通常の体調でクルマを運転しているとき、休憩はどれくらいの間隔でとりますか?」との質問では、「2時間」が最も多く56.8%、続いて「3時間」16.5%、「1時間」14.2%、「30分」4.7%、「4時間」3.9%、「6時間以上」1.1%、「5時間」0.6%でした。

「その他」2.3%では、「同乗者か、自分がトイレに行きたくなった時」(〜19歳、男性)、「気分次第」(30〜34歳、男性)といった回答もありました。

「ドライブの途中で休憩するとき、どのようなことをしてリフレッシュ、休息しますか?」という質問では、「軽い運動をする」「寝る」「食べる」「飲む」「タバコを吸う」といったもののほか、次のような回答が寄せられました。

・コーヒールンバの曲がかかる自販機のコーヒーを飲む(40〜44歳、男性)
・あえて建物から遠い場所に停めて歩く(25〜29歳、男性)
・冷たい水で顔を洗う(45〜49歳、男性)
・温泉に入る(45〜49歳、男性)
・芝生に寝転がる(35〜39歳、男性)
・タンク車の後ろに記載されている搭載物のうち、面白いものを探してみます。いままで一番面白かったのは「チョコレート」(45〜49歳、男性)

 なおNEXCO東日本では、運転する際は、2時間に1回は休憩を取るよう呼び掛けています。また、トラックやバスなどの事業者を対象とした「旅客自動車運送事業運輸規則第21条第1項の規定に基づく事業自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間に係る基準」では、連続運転時間4時間ごとに30分の休憩を確保することとし、4時間以内に運転を中断して休憩する場合でも、1回10分以上とすることが定められています(夜間ワンマン運行時は別の基準あり)。

●アンケート実施概要
・調査期間:2019年12月23日(月)20時ごろから12月24日(火)20時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:643

関連記事(外部サイト)