クルマの「透明サンバイザー」開発 ドライバーの目に光が届く部分のみ暗くする

クルマの「透明サンバイザー」開発 ドライバーの目に光が届く部分のみ暗くする

ボッシュが開発した「バーチャルバイザー」のイメージ(画像:ボッシュ)。

未来のサンバイザー登場!

 自動車部品メーカーのボッシュは2020年1月6日(月)、透明な液晶ディスプレイパネルを用いた自動車用サンバイザー「バーチャルバイザー」を開発したと発表しました。1月7日(火)からラスベガスで開催される見本市「CES 2020」にて初公開されます。

 この「バーチャルバイザー」は、液晶ディスプレイパネルとドライバーをモニターするカメラにより、太陽がドライバーの顔に落とす影を追跡し、ディスプレイ上でドライバーの目に光が届く部分のみを暗くするというもの。ディスプレイの残りの部分は透明なままで、ドライバーの視界を大きく遮らないといいます。カメラ画像からAI(人工知能)がドライバーの目や鼻、口を含む顔の特徴的な要素をとらえ、顔の上の影を識別しつつ、ドライバーの視界を分析するそうです。

 ボッシュによると、これまでのサンバイザーは、日光の一部が目に入らないように遮ることは出来るものの、同時に視界の一部までも遮ってしまうため、太陽のまぶしさに起因する自動車事故への懸念には十分に対応できていないとしています。ボッシュのカーマルチメディア事業部長 Steffen Bernsさんは、この製品について「シンプルなイノベーションの組み合わせ」とし、ドライバーの視界を変えるものだと述べています。

 ちなみに、今回の製品はボッシュの社内イノベーション活動の一環として、北米のチームが開発したもの。もともと、3人のエンジニアが自由時間を利用し、リサイクルボックスから回収した古い液晶ディスプレイモニターを活用するなどしてプロトタイプを制作したそうです。

関連記事(外部サイト)