ANA運航の成田〜ホノルル線 すべてエアバスA380型機「フライングホヌ」体制へ 7月から

ANA運航の成田〜ホノルル線 すべてエアバスA380型機「フライングホヌ」体制へ 7月から

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」。下から1号機、2号機、3号機(画像:ANA)。

ANAが成田〜ホノルル線で、エアバスA380型機「フライングホヌ」運航便を毎日2往復へ拡大します。拡大後はANA運航の同路線はすべて「フライングホヌ」での運航に。受領待ちの3号機のデビューも迫っています。

「フライングホヌ」3機出揃いは4月以降

 ANA(全日空)が2020年1月9日(木)、同社の成田〜ホノルル線でエアバスA380型機「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」運航便を、7月1日(水)から毎日2往復(週14往復)へ拡大すると発表しました。

 エアバスA380型機は、総2階建て構造の大型機。ANAはエアバスA380型機を3機発注済みで、成田〜ホノルル線に投入しています。ANAではエアバスA380型機に、ハワイで神聖な生き物とされる「ホヌ(ウミガメ)」にちなんだ「フライングホヌ」という愛称をつけ、外観に特別塗装を施しています。

 2020年1月現在「フライングホヌ」は、「ハワイの空」をイメージした「ANAブルー」塗装の1号機と「ハワイの海」をイメージした「エメラルドグリーン」塗装の2号機が運航中。2020年4月には、ハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」塗装の3号機も受領される予定で、ANAは受領後準備が整い次第、路線に投入予定としています。

 ANAの成田〜ホノルル線は2020年1月現在、週10往復が「フライングホヌ」で運航されています。7月1日以降の週14往復(毎日2往復)化で、ANAが運航する成田〜ホノルル線はすべて「フライングホヌ」運航となる予定です(別途他社運航のコードシェア便あり)。

 なお、ボーイング777-300ER型機で航空券を販売している、7月1日以降の同路線の運航機材は順次「フライングホヌ」に変更されるとのことです。

関連記事(外部サイト)