五輪期間中の終電 最大2時間繰り下げ 東京圏のJR在来線&私鉄で実施 地方会場でも検討

五輪期間中の終電 最大2時間繰り下げ 東京圏のJR在来線&私鉄で実施 地方会場でも検討

オリンピック期間中は、東京圏の鉄道路線などで、臨時列車の運転や臨時停車、終電の繰り下げなどが計画されている(画像:photolibrary)。

深夜2時台まで運行する路線も。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都は2020年1月22日(水)、オリンピック期間中における深夜時間帯の鉄道運行概要を発表しました。

 競技会場からの帰宅需要に対応するため、オリンピック期間中は、一部路線で最終列車(終電)が通常より最大2時間近く遅い、深夜1時台や2時台に繰り下がります。実施期間はオリンピック開催にあわせて7月24日(金)深夜から8月9日(日)深夜まで。実施は東京圏のJR在来線、私鉄などです。

 JR山手線では、内回りの終電が大崎1時30分ごろ発(池袋行)に。外回りは大崎1時40分ごろ発(池袋行)になります。

 新宿や池袋、渋谷、東京などのターミナルを発着するJR・私鉄各路線の終電発車時刻も、概ね1時30分ごろから2時00分ごろの時間帯に繰り下がる予定です。都心部を走る東京メトロや都営地下鉄、さらに臨海部を走る東京臨海高速鉄道りんかい線、ゆりかもめも終電の繰り下げを予定しています。

 パラリンピックの開会式(8月25日)と閉会式(9月6日)の日の深夜も、通常の終電時刻より最大60分程度遅い時間帯までの列車運行が予定されています。

 東京圏以外の札幌ドームや宮城スタジアム、茨城カシマスタジアムも、競技開催日を中心に、通常の終電後を含む深夜に臨時列車の運行を検討中。このほか深夜時間帯以外でも、競技会場周辺の路線などを中心に、臨時列車の運行や臨時停車、車両の増結などが検討されています。具体的な運転時刻などの情報は、4月ごろに発表される予定です。

関連記事(外部サイト)