オレカ・イオカ・パスネット… ICカード登場前 いろいろあった鉄道プリカの世界

オレカ・イオカ・パスネット… ICカード登場前 いろいろあった鉄道プリカの世界

ノベルティとしても活用されたオレンジカード(児山 計撮影)。

JR東日本のSuica登場以来、ICカードは大都市圏を中心に、鉄道利用や買い物などになくてはならない存在となりましたが、ICカード登場以前はプリペイド式の磁気カードが活用されていました。鉄道会社や地域ごとに、その変遷を振り返ります。

始まりは国鉄が導入した「オレンジカード」

 買い物などでも広く活用されている交通系ICカード。その前身はプリペイド式の磁気カードですが、鉄道会社や地域によってさまざまな種類がありました。

 鉄道のプリペイドカードは、1985(昭和60)年に国鉄が「オレンジカード」を発売したのが始まりです。額面は500円、1000円、3000円、5000円、1万円の5種類があり、5000円には300円分、1万円には700円分のプレミアムがついていました。

 オレンジカードは専用の券売機に挿入してきっぷを購入するシステムで、「コインいらずの便利なカード」という宣伝とともに発売されました。当時、自動改札機は一部の私鉄や地下鉄のみで採用されているに過ぎず、自動改札機に直接カードを挿入して利用するという考え方は生まれていませんでした。

 オレンジカードは日常使用のほか、贈答用、旅行記念用としても普及し、車掌がオリジナルデザインのカードを車内で販売する姿もよく見られました。

 自動改札機が普及すると、名古屋市交通局では1989(平成元)年、回数券カードを改札機に直接投入できるようになります。その後、磁気カードに運賃を貯め、きっぷ代わりに使える「ストアードフェアシステム」が開発されます。1991(平成3)年、JR東日本がこのシステムを使った「イオカード」を発売。首都圏近郊のイオカード対応駅間であれば、きっぷを買わずに鉄道利用ができるようになりました。

会社間で共通化 「パスネット」や「スルッとKANSAI」

 ストアードフェアシステムの採用により、「きっぷ売り場に並び運賃表を確認してきっぷを買う」という手順が省略されたため、利便性は飛躍的に向上。カードの普及にも拍車がかかります。

 ストアードフェアシステムは、自動改札機の整備が進んだ鉄道会社から順次採用されました。営団地下鉄(現・東京地下鉄)の「NSメトロカード」、都営地下鉄の「Tカード」など、各社が独自のネーミングで発売。図柄はバラエティに富み、記念カードも多数発売されました。

 しかし、これらのカードは会社間の互換性がありませんでした。複数の鉄道会社を利用する場合、鉄道会社ごとに専用のカードが必要だったのです。

 より利便性を高めるため、関西では1994(平成6)年から、阪急電鉄と能勢電鉄のあいだで「スルッとKANSAIネットワーク」が開始されました。1996(平成8)年からはさらに、阪神電鉄、大阪市交通局、北大阪急行が加わりました。

 首都圏では、1996(平成8)年に都営地下鉄と営団地下鉄のカードが共通化されたのを皮切りに、各社もこれに倣い、2000(平成12)年には「パスネット」という形で22社局のカードが共通化されました。しかしJRと私鉄とでの共通化はなされず、両者はカードのシステムが分かれたままでした。

「積み増し」など利便性向上 そしてICカードへ

 これらのプリペイドカードは、地域内共通化と同時にさらなる利便性の向上を目指して改良がなされました。イオカードやパスネットなどは乗車時に、初乗り運賃相当の金額が引かれます。しかし、たとえば初乗り運賃に満たない額のカードを持っていた場合は、新しいカードと合わせて2枚を自動改札機に挿入可能とし、残額が少ないカードでも自動改札機を利用できるようになりました。

 また、中京地区の私鉄・地下鉄の共通カード「トランパス」では、使用中のカードが一定の残額を下回ると、新しいカード購入時に残額が移行する「積み増しシステム」を採用しました。このように、完全な相互利用こそ実現しなかったものの、自動改札機・自動券売機と組み合わせた改良が進みました。

 そのようななか2001(平成13)年4月、JR東日本は非接触型のICカード「Suica」をJR埼京線・川越線に試験導入。同年11月から首都圏各線での運用を始めました。

 各JRや私鉄も、JR東日本に追随してICカード化を進め、全国でカードの相互利用が図られました。いまやICカードはクレジットカードや携帯電話との一体化、ショッピング利用、社員証との共用など、鉄道利用だけでなく日常の買い物や生活にも深く関わるようになっています。これは、圧倒的な記憶容量を持つICカードと、ITの進化でさまざまなデータがサーバを通して連携・活用できるようになったためです。

 とはいえその進化は、プリペイドカード時代の度重なる改良が土台になっていると言えそうです。

関連記事(外部サイト)