セダン型タクシー約1500台「JPNタクシー」への切り替え完了 日本交通

セダン型タクシー約1500台「JPNタクシー」への切り替え完了 日本交通

日本交通の「JPNタクシー」(画像:日本交通)。

グループ全体では6割が「JPNタクシー」だそうです。

 東京都内タクシー大手の日本交通は2020年1月24日(金)、直営事業所のセダン型車両約1500台全車について、次世代型車両「JPNタクシー」へ切り替えを完了したと発表しました。

「JPNタクシー」は2017年にトヨタから発売されたワゴン型車両で、旧来のセダン型車両からの置き換えが全国的に進行しています。日本交通では直営営業所以外の提携会社でも導入が進んでいるとのこと。2019年末現在、都内に所在するグループのタクシー4605台のうち、62%にあたる2836台が「JPNタクシー」になっており、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」での車種指定も可能だそうです。

 日本交通によると、「JPNタクシー」は広い室内空間やスライドドアの開口部が多くの利用者に好評で、同社のリサーチにおいては、乗車した人の約86%が「広くて快適」、約76%が「また乗りたい」と回答しているといいます。

関連記事(外部サイト)