ANA羽田空港国際線 3月29日から行き先で使用ターミナル振り分け 第2&第3兼用うけて

ANA羽田空港国際線 3月29日から行き先で使用ターミナル振り分け 第2&第3兼用うけて

羽田空港第2ターミナルでのANA機(2020年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

出発前に「どちらのターミナルから乗る」かも要チェックです。

現国際線ターミナルも「第3ターミナル」へ改名

 ANA(全日空)が2020年1月24日(金)、羽田空港を発着する国際線において3月29日(日)から使用ターミナルを振り分けると発表しました。

 これは、これまで国内線専用だった羽田空港の第2ターミナルで、国際線対応が始まることをうけてのものです。3月29日からANA運航の国際線は、「第2ターミナル」と3月14日(日)に名称変更予定の現国際線ターミナル「第3ターミナル」のふたつを、以下のように行き先で使い分けます。

●第2ターミナル使用
・北米路線:ニューヨーク、ワシントンD.C、ロサンゼルス、ヒューストン、シアトル、バンクーバー行き
・ヨーロッパ路線:ロンドン、フランクフルト、ミュンヘン、パリ、モスクワ、ウィーン、ストックホルム、イスタンブール行き
・アジア、オセアニア路線:台北、ホーチミンシティ、ジャカルタ、シンガポール、シドニー、北京、青島行き

●第3ターミナル(2020年3月13日まで国際線ターミナル)使用
・北米路線:シカゴ、サンフランシスコ、サンノゼ、ホノルル行き
・ヨーロッパ路線:ミラノ行き
・アジア、オセアニア路線:ソウル、香港、マニラ、バンコク、クアラルンプール、デリー、上海、深セン、広州行き

 ANAでは羽田空港出発便について「eチケットお客様控え」や、公式ウェブサイト、登録連絡先へのメールなどで、使用ターミナルを案内する予定とのこと。また4月中旬以降に、SMS(ショートメッセージサービス)やANAアプリでの使用ターミナル案内も開始予定としています。

 なお、他航空会社運航の国際線やコードシェア(共同運航)便は、路線にかかわらずこれまで通り第3ターミナルからの発着となるとのことです。

 到着便のターミナルについてANAは、路線別ではなく便別を予定しているものの、現在調整中といいます。国内線については、引き続き第2ターミナルを使用する予定としています。

関連記事(外部サイト)