「タッチしやすい自動改札機」JR東日本が2駅で試験 ICタッチとモニター斜めに QR追加

新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で「タッチしやすい自動改札機」の実証試験へ

記事まとめ

  • JR東日本は「タッチしやすい自動改札機」の実証試験を2駅で行うと発表した
  • SuicaなどのICカードとQRコードの2種類に対応し、タッチ部とモニター部を斜めに配置
  • 新宿駅は2月1日から、高輪ゲートウェイ駅は3月14日から、それぞれ9月30日まで設置

「タッチしやすい自動改札機」JR東日本が2駅で試験 ICタッチとモニター斜めに QR追加

「タッチしやすい自動改札機」JR東日本が2駅で試験 ICタッチとモニター斜めに QR追加

「タッチしやすい自動改札機」のイメージ(画像:JR東日本)。

一般客もIC専用改札機として利用できます。

 JR東日本は2020年1月29日(水)、「タッチしやすい自動改札機」の実証試験を東京都内の2駅で行うと発表しました。

 新型の改札機は、「Suica」などのICカードと、QRコードの2種類に対応。ICカードタッチ部とQRコード読み取り部を判別しやすいように分離して配置し、さらに車いすの人や子どももタッチしやすいよう、ICカードのタッチ部とモニター部を斜めに配置しています。

「タッチしやすい自動改札機」は新宿駅(新南改札)と、高輪ゲートウェイ駅に設置。実証試験の期間は、新宿駅は2月1日(土)から、高輪ゲートウェイ駅は開業日である3月14日(土)から、それぞれ9月30日(水)までです。実証試験の期間中、この改札機は通常のIC専用自動改札機として利用できます。

 ICタッチ部の実証試験は、ICカード利用者を対象に5月10日(日)まで、QRコードを含む実証試験は5月11日(月)から6月30日(火)までの複数日に、一般モニターや社員モニターを対象に行われます。7月以降は予備期間です。実証試験が終了した10月に、この改札機は順次撤去されます。

 実証試験では、ICカードタッチ部とQRコード読み取り部の使いやすさをはじめ、利用者の改札通過への影響が幅広く評価されます。

関連記事(外部サイト)