上限料金変わる首都高 安いルートは? 横浜北西線開通で東名と連続利用時 最大1800円

上限料金変わる首都高 安いルートは? 横浜北西線開通で東名と連続利用時 最大1800円

横浜北西線の開通でルート選択が可能に。東名と北西線を連続利用した場合、料金調整が行われる(画像:首都高速道路)。

東名高速と接続する首都高の新線「横浜北西線」開通にともない、両路線を連続利用した場合に、首都高の上限料金が引き上げられます。北西線の利用で、従来より安くなるケースもあれば、高くなるケースも存在。その「境目」はどこなのでしょうか。

東名と北西線の連続利用時に首都高の料金を調整

 首都高の新線「横浜北西線(以下、北西線)」が2020年3月22日(土)に開通し、横浜青葉JCTで東名高速と首都高が接続します。これにともない、普通車で上限1320円に設定されている首都高の料金が、「東名と北西線を連続利用した場合」に限り、上限1800円まで引き上げられます。

 これは、たとえば東名を走り東京都心に向かう場合、横浜青葉を通過しそのまま首都高3号渋谷線に入った場合と、横浜青葉で首都高の北西線に乗り換え横浜市街地を経由して向かった場合とでは、現行ルールのままだと料金に大きな差が出てしまうためです。

 具体例を挙げると、横浜青葉から東名〜首都高3号線経由で常磐道(三郷JCT)までは距離にして53.6km、料金は東名の横浜青葉〜首都高接続部が430円、首都高が上限料金適用で1320円で計1750円です。これに、東名を利用した際に徴収される170円のターミナルチャージ(初乗り運賃のようなもの)が上乗せされます。

 対して北西線経由の場合、横浜青葉から常磐道まで首都高だけを走ると最短64.3kmですが、現行ルールのままだと上限料金の1320円で利用できることになります。これは公平さに欠くということで首都高速道路は、東名〜首都高3号線ルートと北西線利用ルートの料金を同水準に調整し、「各ルートの適切な交通分担を図る」としています。

 横浜青葉から東北道や東関東道、京葉道路へ向かう場合も同様で、東名と北西線の連続利用時に上限1800円が適用され、東名〜首都高3号線経由より50円高くなります。

 では、北西線経由で従来の料金より安くなるのは、どのような範囲なのでしょうか。

北西線利用で安くなる「境目」は?

 現在、首都高の普通車料金は、最低300円から距離に応じて1320円まで上がっていきますが、その上限料金に達する距離は35.7kmに設定されています。今回の料金調整が適用された場合も、35.7kmまでの料金上昇率は変わらず、そこから先は1320円から上限1800円まで、走行距離に応じ段階的に料金が加算されていきます。

 つまり、東名と北西線を連続利用した場合でも、35.7kmまでは既存の料金体系のまま、というわけです。たとえば、横浜青葉から近い横浜市街地はもちろん、川崎浮島JCTに接続する東京湾アクアラインまでのあいだも、東名〜首都高3号線経由より北西線経由のほうが普通車で610円安くなります。首都高速道路によると、北西線ルートで横浜方面へ向かった場合、東名〜首都高3号線ルートよりも料金が安くなるのは、1号羽田線の勝島(東京都品川区)、湾岸線の空港中央(同・大田区)までだそうです。

 一方、横浜青葉から南へ、湾岸線の幸浦および横浜横須賀道路の接続部(いずれも横浜市金沢区)まで利用した場合も35.7kmを超えてしまいますが、この2か所については、東名と北西線を連続利用しても料金調整は適用されず、普通車1320円の上限料金に据え置かれるといいます。

 ちなみに、前述のとおり東名と北西線を連続利用しなければ料金調整は適用されませんが、東名から横浜青葉ICで一般道へ降り、すぐさま首都高の横浜青葉入口に入るようなケースは連続利用とみなされるそうです。なお全長約7kmの北西線に横浜青葉、横浜港北以外の途中出入口は設けられません。

関連記事(外部サイト)