長野電鉄が「3000系電車」導入 元東京メトロ日比谷線03系 GWに運転開始へ

長野電鉄が「3000系電車」導入 元東京メトロ日比谷線03系 GWに運転開始へ

東京メトロ日比谷線で使われていた03系電車のイメージ(画像:長野電鉄)。

2020年に2編成を導入します。

 長野電鉄は2020年1月31日(金)、通勤車両として新たに3000系電車を導入すると発表しました。

 東京メトロ日比谷線で使われていた03系電車を改造。2020年に2編成(6両)を導入します。ゴールデンウィークに営業運転を始める予定です。

 長野電鉄で初めての交流モーターによるインバータ制御車両で、消費電力を削減。冷房能力は従来の3500系・3600系電車よりアップします。

 なお、3000系の導入により、3500系・3600系電車は順次引退を迎える予定です。これらの車両も、かつて3000系電車として営団(現・東京メトロ)日比谷線を走っていました。

 日比谷線では、03系から新型の13000系電車へ、車両の置き換えが進んでいます。03系の一部は改造され、熊本電気鉄道では2019年4月に営業運転を開始。さらに、今回の長野電鉄や、北陸鉄道でも導入される見込みです。

関連記事(外部サイト)