国道125号「栗橋大利根バイパス」3月開通 圏央道北側の東西幹線 埼玉県内全通へ

国道125号「栗橋大利根バイパス」3月開通 圏央道北側の東西幹線 埼玉県内全通へ

国道125号「栗橋大利根バイパス」が開通する(画像:埼玉県)。

東北道の加須IC至近に4車線バイパスが接続!

 埼玉県は2020年2月4日(火)、建設を進められていた国道125号「栗橋大利根バイパス」が3月20日(金)に開通すると発表しました。

 同バイパスは全線4車線で、国道125号の久喜市(旧・栗橋町)佐間交差点から、東北道 加須ICの東側に位置する加須流通団地交差点までの約3.9kmを結びます。周辺は物流トラックの通行も多く、片側1車線の現道が慢性的に混雑しているため、埼玉県が2007(平成19)年度からバイパスの整備事業を進めていました。埼玉県内の国道125号バイパスは、この「栗橋大利根バイパス」の完成をもって全線開通を迎えます。

 ちなみに、国道125号は千葉県香取市から埼玉県熊谷市まで、圏央道の北側を東西方向に結ぶ道路です。前出の加須ICのほか、常磐道の土浦北ICとも接続しており、東京方面から放射状に延びる主要な道路どうしを連絡しています。

関連記事(外部サイト)