「列車内で痴漢」スマホアプリで車掌に通報 車内放送で注意喚起 JR東日本が実証実験

JR東日本、スマホで"痴漢通報"実証実験へ 車内放送で「痴漢の通報がありました」

記事まとめ

  • JR東日本が、痴漢対策で、スマホアプリによる車掌通報システムの実証実験を行うと発表
  • 列車内で痴漢行為を受けたときにアプリのボタンを押すと、車掌に通報される仕組み
  • 車掌は、「○号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」と車内放送で注意喚起する

「列車内で痴漢」スマホアプリで車掌に通報 車内放送で注意喚起 JR東日本が実証実験

「列車内で痴漢」スマホアプリで車掌に通報 車内放送で注意喚起 JR東日本が実証実験

実証実験のイメージ(画像:JR東日本)。

埼京線で実施予定です。

 JR東日本は2020年2月4日(火)、痴漢対策の一環として、スマートフォンの専用アプリによる車掌通報システムの実証実験を行うと発表しました。

 乗客が列車内で痴漢行為を受けたときにアプリのボタンを押すと、車掌が携帯しているタブレット端末に通報されます。車掌は、通知内容に基づき「○号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」といった内容などの車内放送を実施。注意喚起するとともに、周囲の乗客にも気付いてもらうことで痴漢行為の抑制を図ります。

 実証実験は2ステップに分けて行われます。第1ステップは、2月下旬から3月中旬の平日朝、埼京線の大宮〜新宿間で、JR東日本社員とモニターを対象に実施。あらかじめ決めたタイミングで通報し、車掌は試験であることを示したうえで車内放送を行い、アプリの技術的な検証や、アンケートを通じて乗客の反応を調査します。

 第2ステップは、第1ステップの内容を踏まえて、6月以降、モニターを対象に埼京線車内で実施。モニターは痴漢行為を受けたと認識した際に通報し、通報を受けた車掌は車内放送を行うとともに、最寄り駅の駅員と連携して対応します。モニターアンケートの調査などにより、痴漢防止の効果を確認します。

 実証実験の期間や場所の詳細は、関係する駅でポスターなどにより告知される予定です。

関連記事(外部サイト)