新東名「伊勢原大山IC」3月7日開通 伊勢原JCTから2km延伸 大山観光に弾み

新東名「伊勢原大山IC」3月7日開通 伊勢原JCTから2km延伸 大山観光に弾み

2020年3月7日に開通する新東名の伊勢原JCT〜伊勢原大山IC間(画像:NEXCO中日本)。

2019年台風19号の影響で開通が少し遅れました。

 NEXCO中日本は2020年2月5日(水)、神奈川県姶の新東名高速 伊勢原JCT〜伊勢原大山IC間(約2km)が3月7日(土)15時に開通すると発表しました。

 新東名は2019年3月に厚木南IC〜伊勢原JCT間が開通し、東名と接続しましたが、そこからさらに1区間、御殿場方面へ延伸します。当初は2019年内の開通予定でしたが、台風19号の影響により建設資材の調達に支障が生じたため、2020年3月の開通になりました。

 新設の伊勢原大山ICは伊勢原市の観光地である大山阿夫利神社などの最寄りICになります。NEXCO中日本によると、大山と東京都心のあいだの所要時間は、伊勢原大山ICの開通により22分短縮されるといいます。また周辺の物流関係者からは、並行する国道246号の混雑緩和、渋滞回避につながるといった声が寄せられているそうです。

 なお、伊勢原大山ICから伊勢原JCTを経由し、東名の名古屋方面を利用することはできません。また伊勢原JCTは、新東名の厚木南方面と東名の厚木IC方面も連絡していないことから、NEXCO中日本は注意を呼び掛けています。

関連記事(外部サイト)