ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」は通常の6倍以上 その塗装現場

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」は通常の6倍以上 その塗装現場

ANAのA380「フライングホヌ」の塗装風景(画像:エアバス)。

巨大な総2階建てのエアバスA380型機。その塗装を行うハンブルク工場を取材しました。凝った塗装のANA「フライングホヌ」も、ここで作業を実施。通常のA380型機と比べ、どのくらいの時間と手間を要しているのでしょうか。

通常は150種類の型紙を使うエアバスA380型機 しかし「フライングホヌ」は…

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス。複数あるその工場のうち、ドイツのハンブルク工場は、同社で最大の生産数をもつA320シリーズの製造拠点であるほか、同社における最新双発機「A350 XWBシリーズ」などのパーツも一部組み立てています。

 ANA(全日空)が3機導入する総2階建ての巨大機「A380」でも、ハンブルク工場は重要な役割を担っています。主要部分(コンポーネント)の組み立て工場が置かれ、胴体前部の構造組立や胴体後部の完成作業などのほか、塗装作業も行われます。

 ANAのA380型機は「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」の愛称をもち、3機それぞれ異なったテーマカラーで、機体全体に「ウミガメ」をモチーフにしたデザインが施されている特別塗装機です。

 A380型機は他の航空会社でも導入されていますが、それらの塗装の多くは「フライングホヌ」ほどダイナミックなものではありません。エアバスによると一般的なA380型機において、塗装に使われる型紙(ステンシル)は150種類。塗装の所要日数は、デザインの複雑さにもよるものの、おおむね13日から21日といいます。

 では凝ったデザインのANA「フライングホヌ」は、どのくらいの手間と時間を要するのでしょうか。

ANAのA380型機「フライングホヌ」は型紙が通常の6倍以上! かかった日数は…?

 それに対し、ANAのA380型機「フライングホヌ」3号機の塗装で使われた型紙は、通常の6倍以上となる930種類だそうです。ただ要した日数は、塗装が乾くまでに一定の時間が必要なため、一般的なA380型機の場合と同じ1チーム24人、4シフト制で行い17日と、大差ないものでした。

 エアバスによると、1号機と2号機の塗装を経て作業に慣れてきたため、時間が短縮されたそうです。ちなみに塗装作業は機械だけでなく、手作業の場面もあります。

 2020年1月に塗装が終了した3号機は、ハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」のテーマカラーで、女性的な長いまつげのあるデザインが特徴です。なお、2019年5月就航の1号機はハワイの「空」をイメージした「ANAブルー」、6月就航の2号機はハワイの「海」をイメージした「エメラルドグリーン」のデザインです。

 今回、3機すべての「フライングホヌ」の塗装を終えたエアバス。ハンブルク工場ペイントセンター シニアマネジャーのラルフ・マウラーさんは「『フライングホヌ』はビッグチャレンジなデザインでした。我々も楽しんで塗装しました」と話します。なお、3号機で使われた塗料は、オレンジを中心に16種類だそうです。

 3号機は2020年4月にANAへ納入され、準備が調い次第、ほかの2機がすでに就航している東京(成田)〜ハワイ(ホノルル)線に登場する予定です。

関連記事(外部サイト)