フェリーさんふらわあ「瀬戸内海昼クルーズ」2020年も開催 本四3橋を昼間に通過

フェリーさんふらわあ「瀬戸内海昼クルーズ」2020年も開催 本四3橋を昼間に通過

瀬戸大橋を通過する様子。昼の運航ならば、本州と四国を結ぶ橋をすべて明るい時間に通過する(画像:フェリーさんふらわあ)。

夜行フェリーを昼に運航!

 フェリーさんふらわあは2020年2月10日(月)、2020年に開催する「昼の瀬戸内海カジュアルクルーズ」の予約を開始しました。

 ふだんは夜行で運航する瀬戸内海航路の神戸発大分行きを、昼間に運航するもので、例年4回開催しています。2020年の日程は5月24日(日)、6月14日(日)、10月18日(日)、11月8日(日)です。

 神戸港を出発後は、午前中に明石海峡大橋、午後に瀬戸大橋、夕方に来島海峡大橋を通過し、22時に大分港へ到着します。料金は1万4700円(船室「ツーリスト」で旅客のみの金額)からです。

 なお、大分港到着後、利用した船室に翌朝まで宿泊できる「ホテルシップ」も別料金で予約可能。こちらは船内での朝食バイキング付きです。

 フェリーさんふらわあは、「瀬戸内海航路の最大の魅力である『多島美』の美しい風景とともに、『昼の瀬戸内海カジュアルクルーズ』にて非日常の船旅を是非お楽しみください」としています。

関連記事(外部サイト)