中国香港方面ANA国際線 運休&減便広まる 通常運航は4路線に 新型肺炎の需要減退をうけ

中国香港方面ANA国際線 運休&減便広まる 通常運航は4路線に 新型肺炎の需要減退をうけ

ANAの飛行機(2020年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

これで週186往復が週85往復に。機材の小型化も行われています。

1路線が運休 3路線が減便が追加発表

 ANA(全日空)が2020年2月13日(木)、国際線の便数計画を一部変更すると発表しました。中国、香港方面において1路線の運休、3路線の減便が追加されています。

 ANAでは3月28日(土)まで以下の路線で運休を決定。2月13日時点で運休が発表されている国際線は以下の通りです。

●2月20日から運休
・羽田〜上海(虹橋)線(2月29日のみ運航)
●2月17日から運休
・関西〜香港線
●2月10日から運休
・成田〜北京、杭州、瀋陽、成都、広州線
・関西〜青島、大連線
●1月23日から運休
・成田〜武漢線

 また2月20日からANA国際線は、以下路線が新たに減便されます。

・関西〜北京線:週7往復から週3往復へ(火・木・土曜運航)
・成田〜青島線:週7往復から週4往復へ(火・木・土・日曜運航)
・成田〜大連線:週7往復から週4往復へ(火・木・土・日曜運航)

 このほかの路線においても減便や使用機材の小型化などが行われます。週186往復、21路線あったANAが運航する中国、香港路線は、2月20日時点で週85往復、12路線に縮小されているとのことです。

 2月13日現在、通常運航している中国、香港方面のANA国際線は、羽田〜広州線、羽田〜香港線、成田〜香港線、関西〜杭州線の4路線となります。

 ANAは、武漢で発生した新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減退に鑑みたものとしています。運休対象便の搭乗予定者に対してANAは、公式ウェブサイトでの告知のほか、メールなどで連絡を行う予定としています。

関連記事(外部サイト)