未来の旅客機は姿が激変? エアバスの実験機「マヴェリック」あらわる 翼と胴体が一体

未来の旅客機は姿が激変? エアバスの実験機「マヴェリック」あらわる 翼と胴体が一体

エアバスの小型実験機「マヴェリック」(画像:エアバス)。

将来の旅客機、このような形になるのでしょうか。

客室設計にも新たな可能性

 エアバスが2020年2月11日(火)、シンガポール航空ショーで、翼と胴体が一体となっている機体形状「ブレンデッドウィングボディ」の小型実験機「マヴェリック」を披露しました。

 マヴェリックは長さ2m、幅3.2m、表面積約2.25平方メートルの小型試作機です。エアバスによると、この翼と一体化した機体設計で期待されるのは燃費削減とのこと。既存の単通路型機(ナローボディ)と比べ、最大20%の燃費をカットする可能性を備えているといいます。

 また、客室の設計においても新しい可能性が開かれるとしています。

 このマヴェリックは2017(平成29)年にプロジェクトが始まり、2019(令和元)年6月に初飛行を行いました。今後は2020年第2四半期末まで飛行試験キャンペーンが実施されます。

 このほかエアバスでは、研究プログラム「Airbus UpNext」の名のもと、ハイブリッド電気飛行機「E-FAN X」、V字編隊飛行「fello’fly」、自動離着陸プロジェクト「ATTOL」などの実験プロジェクトを行っています。

関連記事(外部サイト)