地元学生がプロデュース!夏の風物詩「用賀サマーフェスティバル」

地元学生がプロデュース!夏の風物詩「用賀サマーフェスティバル」

総勢100名の若者が運営する用賀サマーフェスティバル

世田谷区・用賀では、地域活性イベントとして「用賀サマーフェスティバル」が8月26日(土)・27日(日)に開催される。

2017年で13回目となるこのイベントは、毎年約1万5000人が来場し、用賀の夏の風物詩として定着。イベントの企画・運営を担うのは世田谷区用賀の地元学生たちだ。イベント以外にも、2017年4月には用賀商店街にまちづくり型物産店「neoichi」を新規開店するなど、精力的に活動を繰り広げている。

用賀駅前の広場に特設されるステージでは、ミュージシャンやダンサーによる魅力的なパフォーマンスが行われる。また、屋台では複数のオリジナルメニューが出現し、バーカウンターではお酒を楽しむこともできる。子ども向けのブースも用意され、家族連れも一日過ごせるイベントだ。

地域の魅力を独自の視点で発信するお祭りにこの夏は足を運んでみては。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)