スカイツリータウンに集団体験型のVRパーク「VirtuaLink」がオープン

スカイツリータウンに集団体験型のVRパーク「VirtuaLink」がオープン

上映コンテンツ「ワンダーポッド」

コニカミノルタプラネタリウムは、6月26日(月)に「コニカミノルタ VirtuaLink in 東京スカイツリータウン」を東京ソラマチにオープンする。

「コニカミノルタ VirtuaLink」は、360度3D映像のバーチャル空間を、複数人で共有できる集団体験型VR施設。VR機器として、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売するバーチャルリアリティシステム「PS VR(プレイステーション ヴィーアール)」を採用している。参加者は「PS VR」のVRヘッドセットを装着することで、まるで360度映像の中に入ったかのような感覚と、ナビゲーターの生解説によるライブ感溢れる体験を楽しむことができる。今回体験できる上映コンテンツ「ワンダーポッド」は、バーチャルの宇宙空間で、参加者全員が協力しながら地球や星空を作り上げていくことで、より一体感を感じることができる内容だ。

営業は6月26日(月)から2017年11月末までの予定。その間、同じ東京スカイツリータウン7階にある施設「コニカミノルタプラネタリウム”天空”in 東京スカイツリータウン」の5周年を記念した展示も行われる。また7月には、東京・お台場に常設施設として「コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ」がオープン予定だ。一緒に訪れた人と楽しめる新しいVR施設をぜひ体感してほしい。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)