六本木で味わう!世界各地の名物グルメBEST3

六本木で味わう!世界各地の名物グルメBEST3

2015年3月の日本上陸以来、本場フランスのパンが食べられると人気のブーランジェリー「メゾン・ランドゥメンヌトーキョー」

周辺に大使館の多い六本木は、各国の料理が集まる多国籍料理エリアでもある。外国人も多い六本木で、世界の味を求めてワールドワイドな食べ歩きにおすすめしたい3店を紹介しよう。

■ 本場フランスのパンが味わえる「メゾン・ランドゥメンヌトーキョー」

2015年3月の開店以来、本場フランスのパンが食べられると人気のブーランジェリー。クロワッサンをはじめ、1日2000本以上売れる看板商品の「バゲット・トラディッション」(238円)は、自家製の天然酵母を使用したまさにパリの味。この他、タルトなどの洋菓子も販売している。

口溶けがよく香り豊かなフランス産レスキュールバターを使用した「クロワッサン・フランセ」(519円)

■ アメリカで大人気のステーキに舌鼓!「ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店」

米国の舌の肥えた美食家をもうならせる極上ステーキハウス。最高級の熟成肉ステーキをほおばろう。

人気メニュー「ステーキfor two」(1万7280円※2名用)は、2004年にマンハッタンに創業して以来、美食家たちをとりこにしてきた逸品。

■ 日本にいながら中東の味が満喫できる「アラジン」

約20年前に創業した、珍しいイラン料理が楽しめる店。ランチバイキング(1200円)は、約20種の料理がそろう。

ラムと牛の合挽き肉をローストしたクビデカバブなどランチバイキングメニューの一例。客やスタッフは外国人が多い。【東京ウォーカー】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)