特等席で癒される!鎌倉の“シーサイドカフェ”おすすめ4選

特等席で癒される!鎌倉の“シーサイドカフェ”おすすめ4選

この時季はサンセットもおすすめ!

穏やかな朝の海が気持ちいい。今回、海辺の大パノラマビューを堪能できるシーサイドカフェを4つご紹介。海と山に囲まれた鎌倉だからこそかなう絶景を体験しよう。

■ 潮風が吹き抜けるオープンテラス「POST by HONEY」(和田塚)

美しい湘南の海を望む、昨年オープンした ばかりのカフェ&レストラン。鎌倉近郊でとれた新鮮な魚介類や野菜を使った料理は絶品。半分がデッキテラスという開放的な造りで、朝8時から朝食を楽しめる。

イチオシの「バナナアサイーボウル」(830円)は、数種のフルーツとオーガニックアップルソースを使ったヘルシーな一品だ。

■ 江の島に沈む夕日は必見「Pacific DRIVE-IN」(七里ヶ浜)

海辺のドライブインカフェは、370台分のスペースを備えた七里ヶ浜海岸駐車場の中央に位置する。湘南サーフカルチャーにハワイのローカル文化をミックスさせた心地よい空間が魅力的。香り高いオリジナルブレンドを片手に、時間によって変化する美しい江の島の風景を心ゆくまで楽しめる。

■ 心安らぐ海辺のヴィーガンレストラン「SAIRAM 鎌倉店」(長谷)

肉、魚、卵、乳製品など、動物由来の食材を一切使わないピュアベジタリアンのためのカフェ&レストラン。自然栽培やオーガニックの素材にこだわって作られた安心安全な料理がおなかと心を満たしてくれる。高台から望めるオーシャンビューはオープンすぐの時間帯がおすすめ。茶屋のようなテーブルでほっとひと息。

■ 地元で人気のアットホーム空間「Daisy’sCafe」(長谷)

フランクな店長のもとへ常連客が次々と訪れる、明るい雰囲気が魅力の一つ。海から道路を一本はさんですぐの場所に位置するので、ビーチで遊んだあとに立ち寄っても。週末は夜遅くまでバータイムを楽しめる。オーナーのあだ名から名付けられた「ジャスミンズライス」(930円)は全国からのリピーターも多い一品。

波の音をBGMに湘南の幸を味わえる海辺のカフェ。早朝のビーチで爽やかな休日を楽しもう。【東京ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)