日本の四季を表現!うめ阪とエーデルワイスがコラボした新スイーツブランド誕生

日本の四季を表現!うめ阪とエーデルワイスがコラボした新スイーツブランド誕生

HIBIKAの商品はすべて季節限定。最初は「夏」をテーマにした10種類のケーキが登場

大阪・梅田の百貨店、阪急うめだ本店に、日本の美しい四季を洋菓子で表現した新スイーツブランド「HIBIKA(ひびか)」が、6月28日(水)にオープンする。

HIBIKAは、阪急百貨店と洋菓子のエーデルワイスのコラボレーションから生まれたスイーツブランド。春夏秋冬から思い浮かぶイメージを素材・色・形・香り・食感で表現。上品な味と洗練したデザインで作られた季節限定のオリジナルスイーツの数々を、味覚と視覚の両方で楽しむことができる。

オープンに際して、“夏”をテーマにした10種類のケーキが登場。

清涼感のあるミントとライムのムース、ショコラで夏の爽やかな風と緑を表現した「涼風」(670円)や、夏祭りの賑わいをつややかな苺ムースとカラフルなフルーツで表現した「水風船」(789円)、カシスの華やかな酸味をショコラブランクリームと4種のベリーで表現した「花火」(735円)など、夏の情緒が感じられる美しいスイーツがラインアップ。

夏をテーマにしたスイーツは2017年8月末まで販売予定。今後は、秋、冬、春と、それぞれの季節をテーマにしたスイーツがシーズンごとに登場する。

日本の美しい四季をデザインした上質な洋菓子がそろうHIBIKA。関西の新しい手みやげとして注目を浴びそうだ!【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)