アジカン、さだまさし、赤川次郎のイラストを手掛けた中村佑介の展覧会

アジカン、さだまさし、赤川次郎のイラストを手掛けた中村佑介の展覧会

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの2004年発売の2ndアルバム「ソルファ」のジャケット

CDジャケットや書籍などにイラストを提供するイラストレーター・中村佑介。その活動15周年を記念した展覧会「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」が、あべのハルカスにある「大阪芸術大学スカイキャンパス」で7月15日(土)から開催される。

2002年よりイラストレーターとしての活動をスタートさせた中村は、ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、小説「謎解きはディナーのあとで」「夜は短し歩けよ乙女」などの書籍カバーを手がけ、今や日本で最も活躍するイラストレーターの一人と言わている。

さらに、アニメーション作品のキャラクターデザインやテレビ・ラジオへの出演、エッセイ執筆などその表現活動は多岐に渡る。

今回の展覧会は、中村がこれまで携わってきた仕事の、ほぼ全てを網羅。15周年にちなんで、中村の作品を15のテーマでカテゴライズし大規模に展示。完成イラストはもちろん、着色前の線画やアイデアスケッチなども公開される。

会期中はサイン会や講演会、著名人を招いてのトークショーを実施するほか、会場でしか手に入らないオリジナルグッズも販売。【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)