女子高生の声を形にしたカラオケルームが自由が丘に登場!

女子高生の声を形にしたカラオケルームが自由が丘に登場!

総勢1000名の現役女子高生の声を反映したカラオケルーム「シンデレラルーム」

女子高生の思い描くカラオケルームを作ったら、“ピンクでモコモコ”に!?

株式会社第一興商は、総勢1000名の現役女子高生の声を反映したカラオケルーム「シンデレラルーム」をビッグエコー自由が丘駅前店において、6月30日(金)より期間限定でオープンする。

このコラボルームは、同社がサポートする現役女子高生チーム「JKカラオケ部」を含む1000名以上の女子高生からカラオケルームのアイデアを募り、投票制でデザインが決められたもの。実際に女子高生からは「歌うだけのカラオケルームはもう古い!」や「もっとSNS映えや女子力が上がる、いるだけで楽しいルームが欲しい!」といった意見が寄せられたという。

「シンデレラルーム」は、室内を全てピンク色で統一し、床や壁には通常のカラオケルームとは異なるモコモコの素材を採用。天井にはシャンデリア、室内にはドレッサーを設置し、まるでお姫様のような世界観。ドレスや大きなテディベアも飾ってあり、女子高生がSNSに思わず投稿したくなるよう、好きなものをとにかく詰め込んだ可愛い空間となっているのが特徴だ。

シンデレラルーム限定で、オリジナルのドリンク3種かスイーツの中から1人1品提供の嬉しいサービスも。10代ならではの感性が生み出したまったく新しいカラオケルームが登場だ!【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)