競馬文化に触れよう!”ジョッキーによるファン交流イベント&チャリティオークション”開催

競馬文化に触れよう!”ジョッキーによるファン交流イベント&チャリティオークション”開催

7月31日(月)に開催される「第4回JRA日本中央競馬会所属ジョッキーによるファン交流イベント&チャリティオークション」

ノーザンホースパークが運営する、北海道の大自然のなかで、馬とのふれあいを楽しめるテーマパーク「ノーザンホースパーク」では7月31日(月)に、長年トップレベルで活躍する福永祐一騎手や注目の女性ジョッキーの藤田菜七子騎手ほか、名実ともに日本を代表するジョッキーをゲストに「第4回JRA日本中央競馬会所属ジョッキーによるファン交流イベント&チャリティオークション」を開催する。

JRA日本中央競馬会所属のジョッキーとともに行う本イベントは、「競馬文化をより多くの人たちと分かちあうこと」を目的として、2014年より札幌競馬開催期間に毎年開催されている。4回目の開催となる今年は「挑戦」をテーマに、ジョッキーがポニートレーナーに扮するスペシャルポニーショー、馬術選手や競馬騎手を目指す地元の子どもたちとのコラボレーションイベントを開催予定。

また、ジョッキー愛用品、ノーザンファーム生産のG1勝ち馬「ハープスター」の勝負鉄などプレミアムアイテムを多数出品するチャリティオークションも開催する。なお、チャリティオークションの収益金は引退競走馬のセカンドキャリアを支援する活動団体へ寄付される予定だ。

参加ジョッキーは、福永祐一騎手、ミルコデムーロ騎手、川田将雅騎手、藤岡佑介騎手、藤田菜七子騎手の5名。彼らがひく馬に乗ることができる、1日限りのスペシャルな体験も行われる予定だ。

競馬好きの人もそうでない人も、この機会に、競馬文化に触れてみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)