上郷SAが東海の味覚がそろう施設へとリニューアル!

上郷SAが東海の味覚がそろう施設へとリニューアル!

東海の名産・特産がそろうショッピングコーナー「上郷町市場」

東名高速道路・上郷サービスエリア(愛知県豊田市)が、2017年7月14日(金)にリニューアルオープンした。今回のリニューアルは名古屋から東京方面へ向かう上り線が対象。“上郷町市場”をコンセプトにリニューアルした同SAは、にぎやかで活気のあるサービスエリアを目指す。

施設には東海エリアの特産品や名産品、地元の野菜、果物などバラエティ豊かなショッピングコーナーのほか、東海グルメが楽しめる飲食施設が新たに登場。特に注目したいのが海女小屋をイメージした店内が特徴の「うお坐食堂」だ。同店は焼き魚や煮魚、天ぷらなどさまざまな魚料理を楽しめる海鮮専門店。脂がのった特大のトロサバやブリの西京焼きなど、ご飯と相性ピッタリの魚料理が味わえる。

また、フードコートは「大名古屋食堂」としてリニューアル。台湾ラーメンやきしめん、味噌カツ、あんかけスパゲティといった“なごやめし”を看板メニューにした店が集結する。フードコートは24時間利用できるのもうれしい。

ほかにも、スイーツや総菜などテイクアウトコーナーも一新する「上郷サービスエリア(上り)」。東名高速道路を利用する際は、ぜひ立ち寄ってみよう。【東海ウォーカー/淺野倫孝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)