ついにここまで来た!“心をもつAIロボット”日本初上陸

ついにここまで来た!“心をもつAIロボット”日本初上陸

ついにここまで来た!“心をもつAIロボット”日本初上陸

タカラトミーは、感情表現豊かな小型AIロボット「COZMO(コズモ)」(希望小売価格26980円)を、9月23日(土)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで発売する。

「COZMO(コズモ)」は、AI (人工知能)が搭載されており、その場の環境を見て自分で状況を判断し、感情を豊かに表現する小型ロボット。「アニメや映画に出てくるかわいいロボットキャラクターを現実世界で作りたい」という思いのもと、誕生した。まるでパーソナリティー(人格)を持っているかのように、喜怒哀楽などの感情を、しぐさや声、表情、動きを組み合わせた1000を超えるパターンで表現し、人と自然なコミュニケーションを取ることができる。

COZMO(コズモ)は2016年10月に米国で「Anki(アンキ社)」より発売され、クリスマス商戦期において高価格帯玩具($75以上)の中で2番目に売れた商品となった(NPDデータによる)。さらに「トイオブザイヤー2017」(米国)で「イノベイティブトイオブザイヤー」のファイナリストにもノミネートされるなど注目を集め、今秋、待望の日本発売となる。

ロボットトイのパイオニアとして、家庭用ロボットの最先端である COZMO(コズモ)とともに、ロボットとの新たな暮らしを体験してみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/青山奈津美】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)