悠久の時が作った大自然のアート「あぶくま洞」

悠久の時が作った大自然のアート「あぶくま洞」

【写真を見る】幻想的に照らし出された鍾乳洞のホール「月の世界」

約8000万年かけて創られた全長600mある巨大な鍾乳洞「あぶくま洞」。鍾乳石の種類と数の多さが特徴で、特に無数の鍾乳石で形成された高さ29mのホール「滝根御殿」は圧巻のスケールだ。

第二のホール「竜宮殿」。洞内は一年中、温度が15℃前後なので夏場はひんやり!他にも「クリスマスツリー」の名が付けられた巨大石筍(せきじゅん)がある。洞全体は2016年4月、「恋人の聖地」に選定され、敷地内には「誓いの鐘」がある。

舞台演出用の調光システムにより、幻想的に照らし出された鍾乳洞のホール「月の世界」。洞内を散策しながら自然の造形美に触れられる。【ハイウェイウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)