完全攻略! さっぽろ大通ビアガーデン6丁目会場「ASAHI SUPER DRY BEER PARK」

完全攻略! さっぽろ大通ビアガーデン6丁目会場「ASAHI SUPER DRY BEER PARK」

「アサヒスーパードライ エクストラコールド」(375ml520円)。マイナス2度〜0度の氷点下のスーパードライ。

北海道を代表する夏のイベント・福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン。各会場それぞれ特徴がありますが、なんといってもこの6丁目会場は緑が多くて気持ちいいんです。広場内には大きな木が何本も立っていて、木陰で涼しい風に吹かれながらビールと自然を堪能できます。また、アサヒビールは会場から約6kmという近さに大型製造工場を持っていて、ビールの新鮮さにも期待が高まります!

「アサヒスーパードライ エクストラコールド」(375ml520円)。暑い夏にはたまらない、マイナス2度〜0度の氷点下のスーパードライが、ここ大通ビアガーデンでも飲めちゃいます。最先端の温度管理システムと専用サーバーで、いつものスーパードライがよりCOOLに。

「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」(中ジョッキ550円、大ジョッキ760円)。TVCMでも話題の、スーパードライ発売30周年特別醸造ビール。飲んだ瞬間に冷たさを体感できる、新感覚のスーパードライを、「樽生」で飲めるのは大通ビアガーデンだけ!

「道産豚のトンテキ」(1000円)。香ばしい焼き色のジューシーで柔らかなトンテキで、道産豚肉の美味しさをガッツリ味わえます。

「生干しこまい焼き」(600円)。タラの1種で、漢字では「氷下魚」とも書かれるコマイ。干物は昔から、道民の家飲みの定番として親しまれている魚なんです。こちらは、うま味がキュッとしまった生干しで、身も柔らかく食べやすいですよ。

「道産豚肉の焼売」(600円)。道産豚肉100%使用のシューマイ。ひとくちほおばると、お肉が甘く香ります!

都心部とは思えない、木々に囲まれた癒しの空間。これらのケヤキは、100年以上も前の1899年(明治32)年に植えられたものだとか。

日が暮れていくにつれ、木立のシルエットが浮かび上がり、夜もいい雰囲気を出してくれています。

【メニュー表】●アサヒスーパードライ、ドライブラック、アサヒ ザ・ドリーム(中ジョッキ)各550円、(大ジョッキ)各760円 ●フランクソーセージのグリル(2種) 650円 ●焼き茄子のポン酢ジュレ掛け 600円 ●ジャンボ焼鳥よくばり串 600円 ●アサヒビール園特製ジンギスカン 900円

【会場データ】■住所: 札幌市中央区大通西6 ■電話:011・210・6990(7/20〜8/15) ■時間:12:00〜21:00(LO20:30) ■休み:なし

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)