テーマは“パイレーツ”!キャナルシティ博多に水の体感アトラクションが登場

テーマは“パイレーツ”!キャナルシティ博多に水の体感アトラクションが登場

キャナルシティ博多(福岡市博多区)で、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」をイメージした水の体感アトラクションが登場

7月22日(土)から8月27日(日)まで、キャナルシティ博多(福岡市博多区)で、毎年恒例の夏休みイベント「キャナル・スプラッシュ!!」が開催。今年は、7月1日(土)から公開中のディズニー映画最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」をイメージした水の体感アトラクションが登場している。

期間中、館内地下1階のサンプラザステージでは、毎日11:00から18:00までの30分ごとに、劇中音楽にのせて高さ約30mの噴水が吹き上がる。水しぶきを浴びることができ、子供たちも大興奮だ。

また、今年は新しく子供用の放水銃を2基設置。水浴びだけでなく、水をかけて遊ぶことができるようになった。さらに、小さな子供も楽しめる“ちびっこ用噴水樽”も登場。ボタンを押すと、樽から水が噴き出る仕掛けになっている。

期間中は、館内5か所で「パイレーツお宝探しクイズラリー」や「なりきりジャックコンテスト」など、イベントも充実。抽選で「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のオリジナルグッズが当たるキャンペーンを実施している。他にも、スプラッシュで濡れると、館内60店舗でお得なサービスが受けられる「濡れトククーポン」をプレゼントする。

この夏は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界観を体感しながら、ひんやり水遊びを楽しもう!【九州ウォーカー編集部/杉山はづき】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)